読んだ本の感想をつづったブログです。


古代史の謎は「鉄」で解ける (PHP新書)
古代史の謎は「鉄」で解ける (PHP新書)
長野 正孝
PHP研究所 2015-10-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)
なぜ、地形と地理がわかると古代史がこんなに面白くなるのか (歴史新書)
暦で読み解く古代天皇の謎 (PHP文庫)
鉄から読む日本の歴史 (講談社学術文庫)
地形からみた歴史 古代景観を復原する (講談社学術文庫)
古代朝鮮と倭族―神話解読と現地踏査 (中公新書)
神社の起源と古代朝鮮 (平凡社新書)
海の向こうから見た倭国 (講談社現代新書)
謎の渡来人 秦氏 (文春新書)
継体天皇と朝鮮半島の謎 (文春新書 925)


日本海を介した鉄の交易という視点から、古代史を読み解いている歴史読み物。
著者の『古代史の謎は「海路」で解ける』が面白かったので、本書も続けて読んだ。

「倭国」を中世ヨーロッパにおけるハンザ同盟に例え、朝鮮半島の西南部、九州、出雲、丹後、北陸、信州、群馬といった地方に点在する都市国家の同盟のようなものではなかったかという形で話を組み立てている。

それが騎馬民族の高句麗に押しまくられて半島から撤退に追い込まれ、その結果として百済などから工人が大阪湾岸に移住して日本と朝鮮半島で技術力や工業力が逆転して行ったのではないかという話につなげている。

そして瀬戸内海は治安や補給の問題があって交易路として使用できなかった時代が長く、日本海側の方が多く使用されていたということを強調し、現代の視点で判断してしまう傾向に注意している。

前方後円墳については、元々は陵墓という性質のものだったのが、後に鉄などを取り引きする貿易センターのような役割を果たすようになったとしていて、埴輪はさまざまな言葉を話す人々にとって分かりやすい看板やパーティションとして使用されたのではないかという仮説も面白い。

現在の日本の歴史学界に対しては、古代のさまざまな事象を「王権」、「祭祀」、「神道的な考え方」という言葉で片付けてしまう傾向に対して異論を唱えていて、確かにもっと掘り下げるべきポイントはありそうだと思った。

著者は港湾を多く手がけた建設官僚だったそうで、竹村公太郎氏と近い経歴のようである。
著者に対しては古代だけでなく、中世や近世の水上交通などをテーマとした本も書いてほしいと思う。





[参考文献に挙げられていた作品]


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト