読んだ本の感想をつづったブログです。


ブラタモリ 8 横浜 横須賀 会津 会津磐梯山 高尾山
ブラタモリ 8 横浜 横須賀 会津 会津磐梯山 高尾山
NHK「ブラタモリ」制作班
KADOKAWA 2017-06-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ブラタモリ 7 京都(嵐山・伏見) 志摩 伊勢(伊勢神宮・お伊勢参り)
ブラタモリ 6 松山 道後温泉 沖縄 熊本
ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原
ブラタモリ 4 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡
ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台
ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)
ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉
京都の凸凹を歩く2 名所と聖地に秘められた高低差の謎
京都の凸凹を歩く -高低差に隠された古都の秘密
新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門


NHKで放送されている教養バラエティ番組「ブラタモリ」を書籍化した作品の第8巻。
本作では横浜、横須賀、会津、会津磐梯山、高尾山を訪れた回を収録している。

横浜では幕末に開港した事情や「ハマ」と呼ばれた浅瀬を埋め立てて出島のような構成の街にした話、山を削ったり海を埋め立てて道路や鉄道を建設した事情、離れた相模川水系から用水を引いてきた大工事などが扱われている。

横須賀では東京湾の東側が浅瀬なので必然的に西側の横須賀を含む三浦半島近辺になる地理的な事情、幕末に小栗上野介がフランスからヴェルニーを招いて建設した横須賀の港や造船所が現在も米軍が使用しているくらいよくできた設計という話、アメリカ海軍の空母であるロナルド・レーガンに乗せてもらった話などが書かれている。
日露戦争で勝利した背景には横須賀の造船所で建設された軍艦があることも知られていて、小栗の功績はもっと評価されていい。

会津では断層に挟まれた構造盆地という地形が冷害をもたらす「やませ」から守ってくれたことや、会津若松の城下町にある防御を目的としていないクランク状の道が水流を制御していたのではないかという考察、猪苗代湖から引いた用水路、さざえ堂という入場と退場がスムーズにできる構造のお堂などが書かれていて、頑固というイメージが強い会津人がアイデアマンという一面もあることを教えてくれる。

会津磐梯山では山体崩壊という自然現象が五色沼をはじめとする多様な湖沼や天然のスキー場といった豊かな自然を生み出した事情や、植林事業によって山体崩壊で荒れた土地を観光地として繁栄に導いてきた先人たちの努力が扱われている。

高尾山では照葉樹林帯と針葉樹林帯の境目という絶妙な位置や地層が傾いた地形によってイギリス1国に匹敵するような豊かな植生や、武蔵・相模・甲斐の境目という重要な地ということで北条氏や江戸幕府の森林保護によって自然林が多く残っている話がなされている。
ここは東京に住んでいた頃に一度訪れているので、懐かしく思いながら読んでいった。

会津磐梯山が予備知識がなさすぎて少しピンとこなかったが、全体的には本作でも興味深い話が随所で紹介されていて興味深く読むことができた。
前作から宝とか恵みといったワードが増えているような気がする。

9巻と10巻も来月出る予定なので、これらも楽しみにしている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : ブラタモリ,