fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


蒼天航路(1) (講談社漫画文庫)
蒼天航路(1) (講談社漫画文庫)
王 欣太 李 學仁
講談社 2000-12-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
蒼天航路(2) (講談社漫画文庫)
蒼天航路(3) (講談社漫画文庫)
蒼天航路(4) (講談社漫画文庫)
蒼天航路(5) (講談社漫画文庫)
蒼天航路(6) (講談社漫画文庫)
蒼天航路 (7) (講談社漫画文庫)
蒼天航路(8) (講談社漫画文庫)
蒼天航路(11) (講談社漫画文庫)
蒼天航路(9) (講談社漫画文庫)
蒼天航路(12) (講談社漫画文庫)


『三国志』にやや悪役的なポジションで登場する曹操を主人公とした歴史漫画の第1巻。
先日泊まったホテルの漫画コーナーに置かれていたので読んでみた。

曹操は後漢末期に政府高官を務める宦官の孫(宦官の養子の息子)として生まれ、剣も使え頭もいいが少し暴れ者の快男児といった雰囲気の人物として描かれている。

後にライバルのひとりとなる袁紹や、親族として曹操を守り立てていくことになる曹仁、曹休、夏候惇、夏候淵といった人物もわりと早い段階から登場している。

絵のタッチはあまり好きではないが、鼻っ柱が強くて迫力のある曹操のキャラクターは魅力的で、どのように活躍していくのか気になる。気が向けば続きを読むことになる。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト