fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


30歳から読む呻吟語 不遇・逆境なんかに絶対負けない!
30歳から読む呻吟語 不遇・逆境なんかに絶対負けない!
中島 孝志
マガジンハウス 2010-09-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
30歳から読む論語 「自分磨き」のヒントが必ず見つかる!
30歳から読む孫子 百戦百勝の仕事術
[新訳]荀子 性悪説を基に現代人にこそ必要な「礼」と「義」を説く
中国古典名言事典 (講談社学術文庫)
実践版 三国志 ― 曹操・劉備・孫権、諸葛孔明……最強の人生戦略書に学ぶ


中国の明の時代に書かれた『呻吟語』の言葉を現代語訳し、著者の経営コンサルタントとしての経験を踏まえて解説している作品。

明の時代は中国の歴代王朝の中でも特に政治腐敗がひどかった暗黒時代とされることが多いためか、人の目利きに関する言葉や地位や名誉にこだわって失敗してはいけないという話が多い。

原著者の呂新吾が朝廷に仕えて誹謗中傷などで苦労していたらしく、組織に所属する上で人間関係に関する話では納得しやすい部分も多い。

著者による中国古典に関する本はこれまで2冊読んでいてどちらも良かったので本書を読んだのだが、本書では「それにしても現在の人たちは・・・」といった感じのダメ出しという、思想に関連した作品で多くの人がやってしまいがちな説教をしてしまっている。

『呻吟語』に関しては訳文が主体で解説文が少ない『[新訳]呻吟語-リーダーとしての資質を高める経世済民の書』の方がいいと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 中島孝志,