FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


金融排除 地銀・信金信組が口を閉ざす不都合な真実 (幻冬舎新書)
金融排除 地銀・信金信組が口を閉ざす不都合な真実 (幻冬舎新書)
橋本 卓典
幻冬舎 2018-01-30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
2025年の銀行員 地域金融機関再編の向こう側 (光文社新書)
捨てられる銀行 (講談社現代新書)
捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書)
AI化する銀行
よみがえる金融―――協同組織金融機関の未来
オリンピック恐慌 (幻冬舎新書)
ベテラン融資マンの知恵袋
銀行不要時代 生き残りの条件
ベテラン融資マンの事業性評価―事業性評価の罠と事業性理解の実務
ベテラン融資マンの渉外術―事業性評価につながる


以前読んだ『捨てられる銀行』の著者による、地銀や第二地銀、信用金庫、信用組合、信用保証協会といった地域の金融機関における「金融排除」の問題と、その問題を解決すべく奮闘する人々の話などを解説している作品。

銀行業界では「貸出先がない」とか「オーバーバンキング」と言われることが多いが、人口比からすると日本の銀行は他国に比べるとむしろ少なく、融資を受ける側の企業とは大きく認識にギャップがあることから話が始められている。

これは担保や保証が十分にある優良な企業のみが融資先と認識されて奪い合いになっているためで、金融機関はそれ以外の企業に対しては冷淡な対応をしており、この状況を森信親金融庁長官が「金融排除」と名づけた経緯が紹介されている。

金融排除されるパターンはいくつもあり、取引先の倒産のように自社の責任でない事情で返済できなかった企業が銀行から見捨てられたり、無借金で営業する価値がないと思われている優良企業にも冷たかったり、「奇跡のリンゴ」のような確かな技術や有望なビジネスモデルがある企業が融資を断られるなどの事例がいくつも挙げられている。

また、融資以外についても、企業からの人材や取引先の紹介、経営へのアドバイスを求めてもそれに応えない、あるいは応えられないことも金融排除の事例となっている。

この問題はバブル後の不良債権を処理してきた時期が長く続いたことで、銀行員が企業の事業内容や経営者のタイプなどを見てリスク評価する能力を失い、決算書、金利、担保、保証などでしか融資の判断ができなくなったためとしている。

これはさらに元をたどると、アメリカから会計やら銀行やらの国際基準を押し付けられたことも要因だろうと思っている。

この問題に対し、地銀、信金、信組、保証協会といった金融機関や、鎌倉投信のような隠れた優良企業を応援するファンド、地域のために活躍できる人材を育成する大学教授など、多くの人々が事態を改善するために活動していることが紹介されている。

金融機関から見捨てられた中小企業ではちょっとした支援やアドバイス、取引先の紹介などで大きく助けられるケースも多いようで、この分野のニーズを吸い上げられるような企業や団体が多く出てくればいいと思う。

その一方で、こうしたことさえできない金融機関はかなり恨みを買っているはずで、淘汰されても仕方ないのかもしれない。
学生からの人気企業ランキングで銀行の順位が急降下した背景にも、こうしたことも影響しているのだろう。

地域の企業を支えて持続可能な経済を作るという話からは、上杉鷹山や二宮尊徳といった偉人の話にも及んでいる。

著者の『捨てられる銀行』『捨てられる銀行2 非産運用』に続く作品で、本書もかなり読み応えがあった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト