FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


読むだけですっきりわかる世界地理 (宝島SUGOI文庫)
読むだけですっきりわかる世界地理 (宝島SUGOI文庫)
後藤 武士
宝島社 2017-06-24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
読むだけですっきりわかる日本地理 (宝島SUGOI文庫)
読むだけですっきりわかる世界史 現代編 オスマン帝国の終焉からポツダム宣言まで (宝島SUGOI文庫)
読むだけですっきりわかる世界史 古代編 ピラミッドから「三国志」まで (宝島SUGOI文庫)
読むだけですっきりわかる世界史 近代編 コロンブスから南北戦争まで (宝島SUGOI文庫)
読むだけですっきりわかる世界史 完全版 (宝島SUGOI文庫)
読むだけですっきりわかる世界史 中世編 イスラーム教の誕生からジャンヌ=ダルクまで (宝島SUGOI文庫)
読むだけですっきりわかる政治と経済 (宝島SUGOI文庫)
読むだけですっきりわかる現代史 国連成立から冷戦の終わりまで (宝島SUGOI文庫)
読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)
読むだけですっきりわかる国語の基礎 (宝島SUGOI文庫)


興味を持って読めて分かりやすい『読むだけですっきりわかる』シリーズの世界地理編。
世界の各地域ごとに、それぞれの国のことを限られたページ数の中でどんどん解説していく。

通常社会科や地理の授業で扱われることが少ない地域、例えばサハラや東アフリカの国々、中南米やカリブ海の国々、オセアニアの島国などについても書かれているのはすごいと思う。

サッカーなどのスポーツに関連付けたり、年配の人にとって分かりやすい呼称(ビルマとかセイロンなど)も合わせて紹介されているのも、読者のことを考えて書かれていることが伝わる。

細かなケアレスミス(東西南北の誤りや中米と中東を書き間違えるなど)が目立つのはいただけないが、それ以外は興味深くてなかなかいい作品だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 後藤武士,