FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


漫画版 野武士のグルメ
漫画版 野武士のグルメ
久住 昌之 土山 しげる
幻冬舎 2014-03-20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
漫画版 野武士のグルメ 2nd
荒野のグルメ (1) (ニチブンコミックス)
漫画版 野武士のグルメ 3rd
荒野のグルメ(2) (ニチブンコミックス)
野武士のグルメ 増量新装版
孤独のグルメ2
荒野のグルメ ( 3) (ニチブンコミックス)
孤独のグルメ 【新装版】
散歩もの (扶桑社文庫)
〆のグルメ (アクションコミックス)


『孤独のグルメ』などで知られる久住昌之と先日逝去された土山しげるによる、主人公が野武士をイメージしながら食べ歩くグルメ漫画。

主人公の香住武は先日定年退職し、悠々自適な生活を送っている。
その退職した状態を浪人とイメージしかけたがあまり印象が良くないのでやめ、自身を野武士に見立てながら外食をしているところが描かれている。

焼きそば、タンメン、すき焼き、麦とろ飯など、おいしそうな描写がなされていて飯テロ効果が出ている。
また、香住は『孤独のグルメ』の井之頭五郎のように下戸というわけではないので、しばしばビールなどを飲んでいて、それもおいしそうである。

タンメンの話のところでは、東京に住んでいた頃にしばしば行っていた東池袋のタンメン専門店のことを思い出してまた食べたくなった。

香住が失敗した回もいくつか入っていて、ラーメンがすごくまずい中華料理屋で敗北感を味わったり、トースト定食というのを注文してみたらトースト、コーヒー、ミニカレーのセットでトーストとミニカレーの合わなさに困惑するなどのシーンも面白い。
思い切って入った店で失敗した時のがっかり感はよく分かる。

淡々と描かれているのがいいところで、楽しんで読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト