fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


使えるマキャベリ のし上がるための心理学 (ちくま新書)
使えるマキャベリ のし上がるための心理学 (ちくま新書)
内藤 誼人
筑摩書房 2011-03-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術 (日文PLUS)
イヤなやつほど成功する! -マキャヴェリに学ぶ出世術
社長のためのマキアヴェリ入門 (中公文庫)
ゾーンを引き寄せる 脳の習慣 (祥伝社黄金文庫)
成功者の習慣が身につく「超」心理術
継続は、だれも裏切らない
非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術 (日文PLUS)
ズルい奴ほど成功する!
超訳君主論―マキャベリに学ぶ帝王学


心理学の観点から『君主論』などで知られるマキャベリの言葉における妥当性や有効性を解説している作品。

本音を明かさないことや、怖れられることやケチと見られることは問題ないが憎悪や嫉妬は避けるべきこと、他人の悪行を改善させることはあまり効果がないなど、マキャベリの思想を多くの実験結果やデータなどで裏付けているのが興味深い。

また、他人に頼っての成功を狙うのはその人に支配されることにつながるので、あくまで自力がベースという話ももっともだと思う。
それが難しいわけだが・・・

読んでいて思ったのは、マキャベリズムを活用して成功した人にはサイコパスの人も多く含まれていたのでは?ということだった。
変に情があってできないことも、こうした人だったら戦略的に判断して行動できるのかもしれない。

マキャベリと内藤氏の心理ネタという、どちらも関心のあるテーマの組み合わせが自分の中で盛り上がっていて、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 内藤誼人, マキャベリ,