FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


北条氏康 関東に王道楽土を築いた男 (PHP新書)
北条氏康 関東に王道楽土を築いた男 (PHP新書)
伊東 潤 板嶋 恒明
PHP研究所 2017-09-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
戦国北条記 (PHP文芸文庫)
享徳の乱 中世東国の「三十年戦争」 (講談社選書メチエ)
戦国北条家一族事典
関東戦国史 北条VS上杉55年戦争の真実 (角川ソフィア文庫)
島津四兄弟の九州統一戦 (星海社新書)
もうひとつの応仁の乱 享徳の乱・長享の乱: 関東の戦国動乱を読む
初期室町幕府研究の最前線 ここまでわかった南北朝期の幕府体制 (歴史新書y)
幕末雄藩列伝 (角川新書)
図説 戦国北条氏と合戦
征夷大将軍研究の最前線 (歴史新書y)


戦国時代の北条氏において、勢力を伸ばすことに大きく貢献した三代目の北条氏康の事跡や関東における戦乱、北条氏の代ごとの事情などを解説している作品。
歴史ライターの板嶋氏の原稿を、歴史作家の伊東氏が分かりやすくした構成のようである。

北条氏の治世の特徴としては中間搾取を減らして年貢を安くしたり、法令や統治組織を整えるといった戦国大名の中でも特に民のことを考えた政治をやっていたことで、北条氏の後に関東を治めた家康が統治に苦労したことからもそれは伝わってくる。

そして氏康が用いていた印判には「祿壽應穩」(ろくじゅおうおん、民の財産と生命を守るという意味)と書かれていて、例えば信長の『天下布武』などと比較するとかなり印象が異なる。

北条氏が戦ってきたのは元々領土を奪ってきた山内上杉氏・扇谷上杉氏の関東管領家あたりから、古河公方足利氏、安房の里見氏、そして氏康に敗れた山内上杉憲政を保護した上杉謙信などで、河越夜戦や2度にわたる国府台の戦い、小田原城籠城戦など多くの戦いが描かれている。

そして氏康の戦い方は父・氏綱から伝えられた義のために戦うということの他、領民を苦しめないために大会戦を避けたり、できるだけ無理をしない戦い方が目立っている。
(特に、明らかにやばい上杉謙信とはできるだけ正面から戦わないようにしている)
もっとも、河越夜線のようにここぞという時は果敢な戦いもしていて、自ら剣を振るうことも多かったようである。

暗君扱いされることが多い息子の氏政にも危機管理能力に優れた慎重な人物と評価していて、もう少し思い切りが良ければ北条氏が滅ぼされることはなかったかもしれないとしている。
武田氏・今川氏との三国同盟についても、武田信玄が駿河への執着によって同盟破棄をせずに継続していたら、三氏とも滅びなかった可能性があったというIFの話も興味深い。

周囲に武田信玄、上杉謙信、今川義元、徳川家康といった目立つ戦国大名たちと領地を接していながら戦うことが多かったのは知名度が低い地方勢力だったり、華々しい滅び方をしたわけでもないこと、記録が欠落しているなどの理由があって少し地味な印象がある北条氏だが、その地域にあった政治や外交、合戦などをしてきたことが伝わってきて、思っていた以上に興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト