読んだ本の感想をつづったブログです。


逆転の世界史 覇権争奪の5000年
逆転の世界史 覇権争奪の5000年
玉木 俊明
日本経済新聞出版社 2018-05-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
30の「王」からよむ世界史 (日経ビジネス人文庫)
人に話したくなる世界史 (文春新書)
ヨーロッパ 繁栄の19世紀史 (ちくま新書)
本気の説教 心に刺さる耳の痛い話 (日経ビジネス人文庫)
よくわかるフランス近現代史 (やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ)
特権キャリア警察官 日本を支配する600人の野望
アメリカ本土を爆撃した男 新書版
平成史
教養としての「ローマ史」の読み方
世界史を動かした脳の病気 偉人たちの脳神経内科 (幻冬舎新書)


以前読んだ『先生も知らない世界史』の著者による、経済や物流の観点から覇権が近世にアジアからヨーロッパに移り、現在アジアに戻ってきつつあるという構図で世界史を語っている作品。

過大評価されてきた存在と過小評価されてきた存在についての話がしばしばなされていて、認識を新たにするきっかけとなる。
前者が古代ギリシアや中世イタリアの都市国家などで、後者がフェニキア人(地中海から北海)、アルメニア人(ユーラシアの陸上)、ポルトガル人、セファルディム(イベリア半島などのユダヤ人)などによる交易などを挙げていて、イギリスやオランダがバルト海交易で物資を調達していた話も興味深い。

ポルトガルは商人のネットワークが強くて領土を失っても貿易での影響力を維持できたことや、イベリア半島とサハラ地域、ブラジル、西インド諸島などは南大西洋の海流を利用すれば意外と近かったことから奴隷やサトウキビの貿易が拡大した話が面白い。

大航海時代に大西洋やインド洋の物流をヨーロッパ諸国が握ったことが覇権を握ったことにつながったり、商業のルールが明文化されたこと、蒸気機関や電信の発明が世界を小さくしてきたことなど、多くの要素がつながっていることも伝わってくる。

近代のところでは資本主義は単体でも存在できるが共産主義は貿易相手の資本主義国が存在しなければ存在できないという話や、アメリカは国際機関を通しての支配だったことが不安定さにつながった話などがなされていて、あまり意識してこなかったことが多く書かれている。

過去に読んだ著作2冊よりもページ数が多い分か、広い視野から多くの要素が入った形で世界史が語られていて、興味深く読むことができた。他の著作も読んでみたい。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト