FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


スポンサーサイト

60分で名著快読 マキアヴェッリ『君主論』 (日経ビジネス人文庫)
60分で名著快読 マキアヴェッリ『君主論』 (日経ビジネス人文庫)
河島 英昭
日本経済新聞出版社 2016-07-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
君主論 (まんがで読破)
60分で名著快読 論語 (日経ビジネス人文庫)
今度こそ読み通せる名著 マキャベリの「君主論」 (名著シリーズ第3弾)
60分で名著快読 クラウゼヴィッツ『戦争論』 (日経ビジネス人文庫)
資本論 (まんがで読破)
続・資本論 (まんがで読破)
マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
よいこの君主論 (ちくま文庫)
60分で名著快読 三国志 (日経ビジネス人文庫)


マキャベリの『君主論』について、マキャベリの生涯や活躍していた中世イタリアの政治状況、『君主論』がその後どのような評価を受けてきたかなども含め、分かりやすく解説している作品。

著者の河島氏は岩波文庫版の『君主論(岩波文庫)』を翻訳していて、これは原文に忠実さを重視したためか少し分かりにくかった記憶がある。

この点を自覚していたり批評を多く受けたりしたのか、本書では国の政体による統治の仕方、君主としてすべきことやしてはならないこと、組織を運営していくに当たっての注意点などを図解を多用してかなり分かりやすく書かれている印象を受けた。

粛清や増税のような不人気な政策は最初に1回で済ませてしまうのが望ましく、恩賞のように人気取りの政策は小出しに出していくというくだりは、先日読んだ行動心理学の本である『不合理だからうまくいく: 行動経済学で「人を動かす」』に書かれていた内容と驚くほど通じている部分であり、マキャベリが人間の心理を熟知して書いていることが分かってくる。

本書は思っていた以上に丁寧に書かれていて、現代語訳した作品と合わせて読むことでより理解が深まる1冊だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : マキャベリ,

30の発明からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫)
30の発明からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫)
池内 了
日本経済新聞出版社 2018-04-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
30の発明からよむ世界史 (日経ビジネス人文庫)
経営の失敗学 (日経ビジネス人文庫)
30の都市からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫)
キリスト教からよむ世界史 (日経ビジネス人文庫)
決算書で読む ヤバい本業 伸びる副業
元イスラエル大使が語る神国日本 NIPPON DO 神代から大東亜戦争、現代まで貫く「日本精神」とは
科学者はなぜ神を信じるのか コペルニクスからホーキングまで (ブルーバックス)
信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 (幻冬舎新書)
世界を変えた14の密約
ビジネススクールで教える経営分析 (日経文庫)


日本で発明された30の物や文化の歴史を紹介・解説している作品。
扱われているのは以下の30となっている。

縄文土器/漆器/納豆/日本酒/城/かな文字/畳/和紙/着物/扇/日本刀/醤油/忍者/茶道/歌舞伎/浮世絵/握り寿司/ソメイヨシノ/俳句/乾電池/養殖真珠/八木アンテナ/胃カメラ/インスタントラーメン/新幹線/クオーツ時計/光ファイバー/自動改札機/カラオケ/青色発光ダイオード

定着しすぎてあまり意識していないもの、日本では気づきにくいが海外で驚くほど評価されているもの、産業の構造に大きく影響を与えたものなど、改めてさまざまな発明が世の中を変えてきたことを認識させられる。

セイコーのクオーツやミキモトの養殖真珠のようにヨーロッパの既存産業に壊滅的な打撃を与えたり、八木アンテナが肝心に日本で有効性が理解されずに第二次世界大戦で劣勢に陥った一因になったなど、技術がもたらすある種の強力な攻撃力みたいなものを感じたりもした。

関心が持ちやすいもの、持ちにくいものと分かれるが、興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ

戦国武将の精神分析 (宝島社新書)
戦国武将の精神分析 (宝島社新書)
中野 信子 本郷 和人
宝島社 2018-04-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
不倫 (文春新書)
素顔の西郷隆盛 (新潮新書)
シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感 (幻冬舎新書)
壬申の乱と関ヶ原の戦い――なぜ同じ場所で戦われたのか (祥伝社新書)
信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 (幻冬舎新書)
中世島津氏研究の最前線 (歴史新書y)
サイコパス (文春新書)
正しい恨みの晴らし方 (ポプラ新書)
戦乱と民衆 (講談社現代新書)
初期室町幕府研究の最前線 ここまでわかった南北朝期の幕府体制 (歴史新書y)


気鋭の歴史学者と脳科学者が、史料などで伝わっている戦国武将たちの言動を、精神分析の手法であれこれ語っている対談本。

章立てで扱われているのは以下の15人で、彼らと関わりの深かった人物や、通じる部分がある人物などにも話が及んでいる。

斎藤義龍/伊達政宗/徳川家康/淀殿/武田信玄/織田信長/松永久秀/豊臣秀次/細川忠興/島津忠恒/大友宗麟/上杉謙信/豊臣秀吉/毛利元就/石田三成

サイコパス、ソシオパス、パラノイアといった類型やセロトニン、オキシトシンといった脳内で分泌される物質のような専門用語を用いて武将たちの「そうかもしれない」という心の闇を考察している。

伝わっている逸話が本当かどうかも分からないわけで、あくまで「このように考えることができる」という話として話半分くらいに楽しむのがいいのかもしれない。

本郷氏が戦国武将たちを他の歴史学者があまり使わないような独特であけすけな表現をしているところも、他の著作同様で楽しむことができる。
例えば、このような部分である。
  • 伊達政宗はプレゼンやイメージ戦略はうまかったが、肝心の合戦で快勝したことがほとんどない
  • 人質時代に尾張や駿府のような都会で育った家康は(『北斗の拳』のモヒカンみたいな)「ヒャッハー」な三河武士団のノリについていけなかった疑惑
  • 島津家はスーパーサイヤ人的な家で日本っぽくないが、バカ殿は出ない
  • 島津忠恒、伊達政宗、細川忠興、森長可の4人は戦国DQN四天王
ただ、最近の安倍政権をあてこすったところは古びやすいので余計に感じる。

脳科学の用語や概念が消化できないところもあったが、戦国武将を脳科学によるお遊びで扱っている作品と捉えればなかなか面白い作品だと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 本郷和人,

江戸始図でわかった「江戸城」の真実 (宝島社新書)
江戸始図でわかった「江戸城」の真実 (宝島社新書)
千田 嘉博 森岡 知範
宝島社 2017-05-26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
江戸城 天下普請の謎 (別冊宝島 2578)
江戸城の全貌 ―世界的巨大城郭の秘密
江戸時代の「格付け」がわかる本 (歴史新書)
サライの江戸 江戸城と大奥: 「江戸始図」でわかった“家康の城”の全貌 (サライムック サライの江戸)
信長の城 (岩波新書)
NHKスペシャル 大江戸 大江戸 知らないことばかり―水と商と大火の都 (NHKスペシャル大江戸)
ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城
初期室町幕府研究の最前線 ここまでわかった南北朝期の幕府体制 (歴史新書y)
NHKスペシャル シリーズ 大江戸の世界 (洋泉社MOOK)
真田丸の謎 戦国時代を「城」で読み解く (NHK出版新書)


家康が関ヶ原の合戦後に天下普請として諸大名に築かせた初期の江戸城について、構造や特徴を解説している作品。

江戸城の天守閣は3度建造されていて、初期の頃の図面が詳細が分かっていないところが多かったが、2017年の2月に松江市が発表した「江戸始図」の発見によって判明し、それを語っている。

天守閣に複数の小天守を組み合わせた連立式の天守や、複数の枡形門や丸馬出といった兵を進出させる建造物、外様大名の屋敷から見るとより大きく見えるように計算された石垣の配置など、近世の城の長所を取り入れた形で攻撃・防御ともに優れた上に諸大名に反抗する気をなくさせるような大軍事要塞としての性格が分かってくる。

また、秀吉の時代まで主流だった「黒い城」ではなく、漆喰を多用した美しくて平和をイメージさせる「白い城」ということや、敗戦時の脱出ルートとされてきた半蔵門がそうではないことの説明、江戸の都市計画やインフラ整備など、下部構造の話がいくつも書かれている。

東京となるまでにも何度も変遷を繰り返してきた江戸城や江戸の街について、興味深く読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ