FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


ポンコツ武将列伝
ポンコツ武将列伝長谷川 ヨシテル
柏書房 2017-12-13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
あの方を斬ったの…それがしです
信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 (幻冬舎新書)
超訳 戦国武将図鑑
戦前の大金持ち (小学館新書)
「日本の伝統」の正体
ブータンの瘋狂聖 ドゥクパ・クンレー伝 (岩波文庫)
陰謀の日本中世史 (角川新書)
自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影 (講談社現代新書)
宇喜多の楽土
衝撃の真実100 (ワニブックスPLUS新書)


戦いに勝てない、酒色でひどい失敗をした、クズすぎる行動で見放されるといったダメなエピソードを持つ武将たちの事跡を紹介し、偉いイメージが先行する武将に対して親しみを持ってもらおうという意図で書かれた作品。

扱われているのは以下の27名をメインとして、信長・秀吉・家康の三傑の残念な行動や、関ヶ原の合戦でのダメな行動をした武将、明治時代に総理大臣になった伊藤博文、黒田清隆、大隈重信もコラムで扱われている。

小田氏治/源行家/佐久間信盛/織田信雄/徳川秀忠/熊谷直実/毛利隆元/伊達政宗/服部半蔵(三代目の正就)/堀尾忠氏/足利義政/細川政元/大内義隆/今川氏豊/今川氏真/兵主源六/斎藤竜興/蘆名盛隆/薄田兼相/福島正則/本多忠朝/徳川綱吉/荒木村重/織田有楽斎/仙石秀久/毛利輝元/徳川慶喜

歴史小説などでもバカ殿として知られる人物から、有名だがダメな行動もひどい人物、小田氏治や兵主源六(ひょうす・げんろく)のようにローカル・マイナーな人物までバラエティ豊かなラインナップになっている。
(ダメなエピソードに事欠かない大友宗麟あたりも入れてほしかったが・・・)
また、登場する武将はさん付けで書いていて、ある種の敬意と愛情が示されている。

著者が最も思い入れが強いとしているのが法号の「天庵さん」と呼ぶ小田氏治で、居城の小田城を何度も攻め落とされては奪回することを繰り返していて、ただ連敗するだけではなく過去の失敗に学んでいなかったり、大晦日の宴会で油断していて城を攻め落とされるなど、バリエーション豊富な負け方をしているのがキャラを濃くしている。
その一方で家臣や領民からの人望が高かったようで、上杉謙信、北条氏康、佐竹義重といったトップクラスの大名たちに攻められまくっても生き延びてきたのは大いに評価できると思っている。

また、知人の友人が末裔だったことから知ったという、山陰で秀吉軍と戦った兵主源六の話も面白い。
篭城戦やゲリラ戦で秀吉軍を大いに苦しめていたのが、踊りが大好きな性格を突かれてあっけなく城を落とされてしまったという話には驚かされる。

他にも修験道に没頭して『読むだけですっきりわかる戦国史』で「魔法半将軍」と書かれた細川政元や、出家後なのに師の法然から悪行をこっぴどく叱られて『平家物語』のイメージをぶち壊す熊谷直実、男色がらみのドロドロで暗殺された蘆名盛隆あたりが特に濃い印象を受ける。

読んでいくと大河ドラマ『軍師官兵衛』で田中哲司が演じた荒木村重、『おんな城主直虎』で尾上松也が演じた今川氏真、三谷映画『清須会議』で妻夫木聡が演じた織田信雄などを思い出したりもした。

同時代人による文書で、「無用の戦」(小田氏治)、「性根が悪い」(熊谷直実)、「三介どののなさること」(織田信雄)、「織田の源五は人ではないよ」(織田有楽斎)など、キツいダメ出しがされている話も面白い。

マニアックな話もそうでない話も含め、大いに楽しむことができた1冊だった。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト