fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



1分間武士道 差がつくビジネス教養1 (1分間名著シリーズ)
Posted with Amakuri
新渡戸 稲造, 齋藤 孝
SBクリエイティブ 2017/12/20


五千円札でも有名な新渡戸稲造の『武士道』の言葉を1項目当たり見開き2ページで77項目にわたり現代語訳および解説している作品。
タイトルに「1分間」とあるのは、1項目を読むのに要する時間が1分程度だからだと思われる。

まえがきで新渡戸が南部盛岡藩士の家に生まれたことなどはこれまで予備知識がなくて知らなかったが、これもまた彼が『武士道』を西欧人向けに書くことができた一因だとも思った。

書かれている内容には一部時代に合わなくなった部分も少しあるが、基本的には名誉や正直さを重んじること、弱者や敗者へのいたわり、感情のコントロールなど、現代でも十分に美徳とされる哲学が書かれている。

武士とか切腹のイメージばかりを持っていた西欧人に対して正しく日本の良さを知ってもらうため、西欧人の長所と日本人の短所を比べるなと語っているあたりは、他の事例でも他者をけなす場合にやりがちなことなので注意したい部分だと思った。

『武士道』はまだきちんと読んだことがないのでどの程度の部分が入っているのか分からないが、エッセンスは伝わったと思うし興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 齋藤孝,