fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。




中世から近世にかけての銅銭という形での通貨の事情を解説している作品。

下に挙げる関連記事で紹介した本にも書いてあったが、平安時代から戦国時代にかけては日本の中央政府が通貨を発行せず、結果として通貨の供給が需要を大きく下回るデフレの状態にあったことが書かれている。
その一例として、銅銭を紐でくくった形で地中に埋めて貯蔵したものが発掘される話をしていて、これは現代で言えばタンス預金のようなものである。

平清盛や足利義満などが中国から銅銭を輸入していたことは歴史の教科書や本で出てくるが、実はこれらでも需要に対しては全然足りず、民間で中国の銅銭を模倣した銅銭やさらには刻印すらない銅銭など、後に「びた」と呼ばれる銅銭が多く製造されて普及したことが書かれている。

さまざまな民間業者が独自に銅銭を作っていたわけで、種類や品質もバラバラとなり、種類ごとに価値に差をつけて品質がいいものは受け取り、品質が悪いものは受け取りを渋ったり支払いに先に当てるといった、「撰銭」(えりぜに)がなされて交換レートが形成されている話につながっていく。

東アジア全体で見ると明が海禁で民間貿易を禁止したために密貿易が盛んに行われていたことや、銅銭の材料である銅の供給事情、国別での銅銭の価値の違いもあり、銅銭が不足しているはずの日本から琉球や東南アジアに銅銭を輸出した話も出てくるのには驚かされた。
これは、食糧不足で飢饉が発生しているのに外貨を稼ぐために食糧を輸出している国があることと似たようなものかと思う。

戦国大名たちや信長・秀吉・家康といった権力者たちもこうした銅銭の流通には手を焼いたみたいで、必ずしも一貫した法令になっていないなど、後世で思われているほど事前に計画したように経済政策を立てたわけではなく、現実にあった政策を取った結果がその後の経済につながったことが強調されている。
「皆が笑って暮らせるような世の中に」みたいなセリフは、あくまで歴史ドラマだけの話だと切って捨てていたのには笑ってしまった。

詳細な話まではついていくのが少し手間がかかるのでやや斜め読みになった部分もあるが、テーマ自体は知らない話も多く、刺激を受ける内容だったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト