fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。




『論語』から100の言葉を厳選し、ふりがなつきの読み下し文、現代語訳、解説文で構成されている作品。

協調したい部分は文字サイズを大きくしたりしているところが私にとってはかえって読みづらかったり、読み下し文で「えっ、そこを略すの?」という中略が入っているなど、あまり好みではなかった。

声に出さずに読んだのがいけなかったのかもしれない。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 齋藤孝, 孔子,