fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。


日本史のミカタ (祥伝社新書)
井上章一 本郷和人
祥伝社 2018/9/1



『京都ぎらい』などの著作で知られ建築史や社会学、日本史などを幅広く専門とする井上章一氏と、東大史料編纂所で鎌倉時代を専門として日本史に関する情報発信が多い本郷和人氏による、日本史対談。

日本史学界では中世について、京大を中心とした「権門体制」という捉え方と、東大を中心とした「東国国家」という捉え方の2つがあり、本郷氏は後者の立場なのだが研究が進むにつれて前者に有利な結果が積みあがってきたため、かなり参っていることを正直に語っている。

井上氏もあとがきで書いているように古文書解読などはしていないため、結果として空中戦のような対談になったと感じていたようで、読者からすると話があちこちに飛ぶのが面白い。

鎌倉幕府は「関東北条組」、「おねえさん京都論」、「室町幕府は絶対王政」、「明治維新はブルジョア革命」、「キンブ・オブ・下品な秀吉」など、一般的な歴史読み物では出てこない発想がいくつも出てくるのが興味深い。

AKB48ヲタであることをメディアの前でも隠さない本郷氏を井上氏がしばしばイジるシーンが出てきたり、本郷氏が時代考証を担当した大河ドラマ『平清盛』で公家や武士が標準語なのに海賊や山賊が関西弁なのは差別なのでは?と井上氏がいちゃもんをつけたり部分も出てきて、楽しく読むことができた。






考える日本史(河出新書)
本郷和人
河出書房新社 2018/11/21


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 本郷和人,