fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。





人間関係で苦手な人や苦手な言動に悩まされることはままあるが、これに対してまずは自分自身の考え方や行動を変えることで多少なりとも生きやすくなる方法を紹介している作品。

各項目で、×の考え方と○の考え方を対比させ、説明をしている。

「うまくいかないこともある」、「うまくいかなくても不都合がない場合もある」、「それで何が困るのか?」、「ここでくよくよ考えるのは性格ではなく考え方のくせ」など、以前読んだアドラーの心理学に近い内容が書かれている。

短いページ数で分かりやすく書かれていて、参考になる。
ただし本書で対応できるのはある程度常識的な範囲までであり、本書で書かれている方法で対応できない人物や行動があることもまた確かである。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト