fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



アインシュタインの言葉 エッセンシャル版
弓場 隆 (編集, 翻訳)
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015-11-19)



物理学者アルバート・アインシュタインが語った言葉190を、1ページごとの構成で紹介している作品。

平易な語り口だが、「〇〇は素晴らしい、××しなければ」みたいなひねった言葉も多く、ユーモアや過去の苦難を経験したことが反映されていそうな感じがあって興味深い。

本作の中では、下記の66番目の言葉が最も強く印象に残っている。
こうはなりたくないものだと思いつつ、完全に逃れられるものでもないという言葉で、なかなかに刺さる。

新聞しか読まず、流行作家の本しか読まない人は、わたしからすると、眼鏡をバカにするド近眼の人のように見えます。そういう人は当世の偏見と流行に完全に依存しています。それ以外のものは見ることも聞くこともまったくしないからです。


原爆製造に関わった科学者ということで、科学と人間についての話も多い。
ここでは科学技術の発展が問題を生んだのではなく、人間社会に元々あった問題を解決すべき緊急性が高まっただけだと語っている言葉は、その通りだと思う。

これからすると、駅前とか街頭などである種の人々が叫んでいるように、単純に武器や原子力を使用しなければ問題が解決する、というわけではない。
この人たちもまた、「眼鏡をバカにするド近眼の人」に該当しそうである。

結婚や家族関係でもいろいろあったようで、人生や結婚の問題についてもさまざまな言葉を残していて、天才というイメージの強いアインシュタインもこの種の問題はうまく解決できなかったのだろうと親しみが持てる。

あまりアインシュタインの本を読んだことがなかったが、人柄の一旦は伝わってきた。
気が向けば、アインシュタイン関連の本を読んでみるかもしれない。





アインシュタイン150の言葉
ジェリー メイヤー (編集), ジョン・P. ホームズ (編集)
ディスカヴァー・トゥエンティワン (1997-03-31)


にほんブログ村 本ブログへ


日経エンタテインメント!  HKT48 Special 2019 (日経BPムック)
日経エンタテインメント! (編集)
日経BP (2018-11-22)



昨年11月に出た、『日経エンタテインメント! 』におけるHKT48の7周年を記念して出された特別号。
各メンバーの写真やインタビュー記事、近年の活動紹介などで構成されている。

本書が出てから指原莉乃、冨吉明日香、駒田京伽、岩花詩乃、兒玉遥の5名が卒業、松田祐実が辞退、5期生14名が加入と、半年でそれなりに入れ替わっている。

指原のコメントを読み返すと卒業後のグループの話を考えながら語っていることが伝わったり、メンバー評では卒業したメンバーを扱っていないなど、伏線が生きているような気分がした。

各期では21名だった2期生が谷真理佳のSKE48移籍と13名の卒業で残り7名とかなり減った印象があるが、加入から7年も経過すれば別の道に進む人が増えるのも当然のことだと思う。

むしろ1期生が現時点で11名も在籍していることや、3期生も9名中1名しか卒業していないことの方がAKB48グループではすごいこと、珍しいことだと思われ、尾崎支配人をはじめとするスタッフによる雰囲気の良さもあるのだろうと思った。
中京地方の某姉妹グループみたいに、期待されていた若手の次期エース候補みたいなメンバーが次々と卒業するのは、ファンからするとやりきれない気持ちになりそうである。

2年前に出された前作の『日経エンタテインメント! HKT48 5周年Special』では新人だった4期生も明らかに成長が見られるなどの変化があり、例えば当初は序列がそれほどでもなかった運上弘菜が選抜定着、昨年の総選挙ランクインなどは予想していなかった。(豊永阿紀や小田彩加はそれほど意外でもない)

昨年後半からのHKT48関連で観に行ったイベント等で印象に残っているのは昨年10月の「HKTBINGO! LIVE2018 お笑い賞レース予選直前! HKT48大“ネタ見せ”会&ヒットソング祭り」や今年1月の「HKT48 フレッシュメンバーコンサート2019 in 博多座 ~未来は、私たちの目の前に・・・~」、3月の「冨吉明日香卒業公演」あたりで、特にメンバーの卒業公演を観るのは初めてだったこともありなかなか感動的だった。

指原が卒業してこのグループもいろいろと変わることが予想されるが、また違った魅力を知ることも期待したいので、可能なら夏のホールツアーに1回か2回くらい行ってみたいと思っている。







にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : HKT48,


「移民」で読み解く世界史
神野正史
イースト・プレス (2019-05-12)



民族の移動を含めた広い移民での移民が歴史に与えた影響や、教訓とすべきポイントなどを解説している作品。
著者は安易な移民受け入れに反対の立場をとっており、この意見には賛成する。

古代から気候変動と移民の発生の関連を重点的に書かれていて、寒冷化したら民族の移動が発生して王朝が倒れ、温暖化したら農耕民の王朝が繁栄するような図式が提示されている。

そして、鉄、騎馬、三大発明(紙・羅針盤・火薬)といった文明の利器が出現したことで、移民の影響が早く、大きくなっていく過程も書かれている。

北米におけるインディアン(ネイティブ・アメリカン)と英米からの移民に代表される、移民を受け入れたばかりに地獄のような目に遭うという「お人好し民族」がたどった事例や、悪行の数々を美辞麗句でごまかす連中の話には気が重くなってくる。

基本的に移民になる人々は出身地が住みにくくなったならず者が多く含まれているわけで、チェックもなしに入ってきた移民の方々が移住先の人々に対して穏やかな対応を期待することには無理があるのだろう。

本書ではまずアメリカ人の非道さを書いているが、現在の日本にとっては中国人が世界をリードすることよりはまだましのような気がする。

移民に関連しては日本が危機に陥りつつあるという警鐘を鳴らしているが、一方で日本がこれまで多くの強運によって多くの困難を乗り切ってきたことも書いていて、楽観的な部分も書いている。
この中では、日露戦争後に佐藤大佐と梨羽少将が交わした、日露戦争に勝った理由に関する天運や自ら引き寄せた運についての話が興味深かった。

現在の日本だと移民を制限する手法を採用しようとするとある種の人々から猛反対を受けてグダグダになりそうなので、欧米で**系によるテロが発生したとか、そのバックで****党が動いた、みたいな事件が起こり、アメリカから強い要請を受ける形でなければ実現は難しいように思っている。

これまでに読んだ著者の作品と同様、少しストレートでどぎつい表現ながらもポイントを抑えた形で書かれていて、興味深く読むことができた。






粛清で読み解く世界史
神野 正史
辰巳出版 2018/9/28



にほんブログ村 本ブログへ




ハロプロのアイドルグループ・アンジュルム(本書発行時はスマイレージ)のリーダーで美大にも通っていた和田彩花による、「かかいい」という切り口で古今東西の絵画の感想を語っている作品。
著者は少し前にアンジュルムからの卒業を発表し、芸能活動は続けるようである。

けっこう前に購入して読みかけ、そのまま積読状態になっていたものを読み返してみた。

読んでいくとところどころで面白い意見もあるが、全体的に紹介された絵から著者みたいに感じ取る感性が足りないのか、それほど面白く感じなかった。

多分、私がそこまで美術への知識や情熱が不足していることが原因であり、それらがある人からすると面白く感じられるのだろう。





にほんブログ村 本ブログへ




同性にモテることで周囲との人間関係を良くし、仕事などに好影響を与える手法を解説している作品。
異性にモテることはハードルが高いしモテたらモテたでやっかみを受けるなどのマイナス面もあるが、同性にモテる分にはほどほどであれば問題も発生せずいいことが多そうである。

具体的には多く顔を合わせたり話をすることで親しくなることや、自慢はやめて自虐で話をしていくこと、小さなことで貸しや借りを作ることで人間関係を深めていくことなど、具体的なことが書かれていてわかりやすい。
ポイントとしては、計算していることを見せないようにすることのようである。

本書で書かれているほどの意図はなかったとしても、仕事上で後輩などに対して気が向いたときに実施していたこともあったりしたので、これからは自信と意図を持って実践していきたい。

相手にそれほど負担をかけない程度に人に甘えるという手法は少し苦手(借りを作りたくない)だったが、これもケースに応じてはやってみようかと思っている。

年を重ねるごとに周囲との人間関係を大切にしておかないと後でえらい目に遭うかもしれない・・・という気持ちが出てきたので、こうした手法は重要だと感じている。






にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 内藤誼人,