fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。





ハロプロのアイドルグループ・アンジュルム(本書発行時はスマイレージ)のリーダーで美大にも通っていた和田彩花による、「かかいい」という切り口で古今東西の絵画の感想を語っている作品。
著者は少し前にアンジュルムからの卒業を発表し、芸能活動は続けるようである。

けっこう前に購入して読みかけ、そのまま積読状態になっていたものを読み返してみた。

読んでいくとところどころで面白い意見もあるが、全体的に紹介された絵から著者みたいに感じ取る感性が足りないのか、それほど面白く感じなかった。

多分、私がそこまで美術への知識や情熱が不足していることが原因であり、それらがある人からすると面白く感じられるのだろう。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト