fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



日経エンタテインメント!  HKT48 Special 2019 (日経BPムック)
日経エンタテインメント! (編集)
日経BP (2018-11-22)



昨年11月に出た、『日経エンタテインメント! 』におけるHKT48の7周年を記念して出された特別号。
各メンバーの写真やインタビュー記事、近年の活動紹介などで構成されている。

本書が出てから指原莉乃、冨吉明日香、駒田京伽、岩花詩乃、兒玉遥の5名が卒業、松田祐実が辞退、5期生14名が加入と、半年でそれなりに入れ替わっている。

指原のコメントを読み返すと卒業後のグループの話を考えながら語っていることが伝わったり、メンバー評では卒業したメンバーを扱っていないなど、伏線が生きているような気分がした。

各期では21名だった2期生が谷真理佳のSKE48移籍と13名の卒業で残り7名とかなり減った印象があるが、加入から7年も経過すれば別の道に進む人が増えるのも当然のことだと思う。

むしろ1期生が現時点で11名も在籍していることや、3期生も9名中1名しか卒業していないことの方がAKB48グループではすごいこと、珍しいことだと思われ、尾崎支配人をはじめとするスタッフによる雰囲気の良さもあるのだろうと思った。
中京地方の某姉妹グループみたいに、期待されていた若手の次期エース候補みたいなメンバーが次々と卒業するのは、ファンからするとやりきれない気持ちになりそうである。

2年前に出された前作の『日経エンタテインメント! HKT48 5周年Special』では新人だった4期生も明らかに成長が見られるなどの変化があり、例えば当初は序列がそれほどでもなかった運上弘菜が選抜定着、昨年の総選挙ランクインなどは予想していなかった。(豊永阿紀や小田彩加はそれほど意外でもない)

昨年後半からのHKT48関連で観に行ったイベント等で印象に残っているのは昨年10月の「HKTBINGO! LIVE2018 お笑い賞レース予選直前! HKT48大“ネタ見せ”会&ヒットソング祭り」や今年1月の「HKT48 フレッシュメンバーコンサート2019 in 博多座 ~未来は、私たちの目の前に・・・~」、3月の「冨吉明日香卒業公演」あたりで、特にメンバーの卒業公演を観るのは初めてだったこともありなかなか感動的だった。

指原が卒業してこのグループもいろいろと変わることが予想されるが、また違った魅力を知ることも期待したいので、可能なら夏のホールツアーに1回か2回くらい行ってみたいと思っている。







にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : HKT48,