fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。





椎名誠によるエッセイ集で、『パタゴニア』でも書かれていた南米最南端への旅の思い出や、国内外のさまざまな場所でテントなどの天幕生活を送った話、現在『週刊ポスト』で連載中の『あやしい雑魚釣り隊』に関するこぼれ話、最近交通事故に遭った話など、さまざまな雑誌に掲載された文章を集めている。

椎名エッセイは面白くて何冊も読んでいたのだが、本書は既に読んだことがある話が多かったこともあるのか、読み手であるこちら側の気持ちの問題なのか、著者が加齢で筆力や感性が衰えたからなのか分からないが、正直つまらなかった。

『あやしい雑魚釣り隊』シリーズは近年でも面白いので、たまたまはずれだっただけだと思いたい。
そして、『あやしい雑魚釣り隊』の最新作が出ることを首を長くして待っている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 椎名誠,