fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。





他社を説得する上で、成功確率を高めるための方法を1項目当たり2~4ページくらいで紹介している作品。
既に知っている話はざっと読み飛ばせばいいので、非常に読みやすい。

既に知っているもの、経験上何となく把握していたもの、解説されるまでもなくそりゃそうだろと思うもの、意外性があって少し驚いたものと、テクニックの内容によって感想は分かれる。

例えば早口の方が説得には向くことが書かれていて、自分の話す速度がそれほど速くないことは自覚しているので、今後のために早口で話すことができるようになった方がいいのか?と考え込んでしまった。
これに限らず説得にはいいかもしれないが、好感を持たれるかどうか?とは必ずしもイコールでない可能性があるので、ちょっと何とも言えない。

説得には自分、説得したい人、場所や状況などさまざまなポイントがあることを認識することができ、まあまあ興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 内藤誼人,