FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



成功を引き寄せる名経営者の言葉
ビジネス哲学研究会
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012/9/5



明治時代の渋沢栄一や岩崎弥太郎あたりから現役で活躍している人物まで、多くの経営者たちの言葉を1項目当たり2ページで紹介・解説している作品。

その人物の来歴も含めて書かれていて、初めて知る人物も多いので非常に助かる。

創業者、創業者一族の二世や三世、サラリーマン社長など経営者のタイプはさまざまだが、それぞれが経験した中から語られた言葉は味わい深いものが多い。

中には堤義明や鈴木敏文、丹羽宇一郎、中内功のように失脚したり晩節を汚した感があったり、功罪相半ばしたりと、評価が分かれる人物も多く含まれているのも理解できる。

近年の経営者では孫正義や新浪剛史(ローソン社長)などが紹介されている一方で、楽天の三木谷浩史や元ライブドアのホリエモン(堀江貴文)、サイバーエージェントの藤田晋などが扱われていないというチョイスも興味深い。

読みやすい構成ということもあり、何度か読み返したいと思う。





心に響く名経営者の言葉 (PHP文庫)
ビジネス哲学研究会 編著
PHP研究所 (2014-07-03)


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト