FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。





海運や異文化間交易、情報などの観点から、西欧諸国が近代にのし上がったプロセスを語っている作品。
世界史の教科書における記述や、ウォーラーステインの世界システム論で欠落していると思われる話を多くしている。

著者の他の作品と重なる話も多いが、多分初めて読んだ話も多くて興味深い。

著者がバルト海交易を専門としてきたこともあり、木材の調達に難がある地中海のイタリア諸都市から、木材や鉄などの資材が調達しやすいバルト海や北海の沿岸にあるオランダやイギリスに海運の主導権が移った話は分かりやすい。
また、イギリスの海運業はスウェーデンに代わってロシアから輸入した鉄が支えた話が書かれていて、イギリスのバルト海での主要貿易相手国が代わったこととバルト海の覇権が移ったのはどちらが先なのか少し気になった。

近世ではイギリス、フランス、スペイン、オーストリア、プロシアなどが戦争を繰り広げていたが、その中でスウェーデンやデンマーク、アメリカといった中立国の商船が地中海の多くの港で活動し、戦争続きながらも貿易が盛んになされていた話も面白い。

中国(清朝)との貿易で初めの頃に銀が中国に流入していたのは茶に代わる輸出品がなかったためとの説明がなされることが多いが、当時の中国で納税に銀を使用していたことと、金銀の交換比率が西欧と中国で異なったためと説明されて新鮮に感じる。

その中国との交易ではイギリスの東インド会社が有名だが、フランスやスウェーデンも東インド会社を設立して中国から茶を輸入し、イギリスに密輸出していた話は既に知っていても面白い。
これはイギリスが茶に80%を超える高い関税をかけていたことが背景にあり、フランスからの茶は高級品なので高所得者向け、スウェーデンからの茶は低級品なので低所得者向けで、イギリスの茶の消費を支えていたという。
この話は『密輸の世界史』などの本が出て扱われるようであれば読んでみたい。

他にも商人に頼ったポルトガルとインフラ整備に努めたイギリスの海洋帝国としての性質の違いや、国家間の争いでは敗れてもポルトガル商人はアジアで長いことニッチな分野でイギリス商人やオランダ商人と取引を続けていた話、電信と蒸気船の発達によって東インド会社が不要となりイギリスがインドを直接統治できるようになった話、新世界で砂糖ではなく綿花を栽培したイギリスの慧眼などが書かれていて、他の著作同様に楽しむことができる。

ここ2~3年に書かれた著作よりもタイトルや内容が少し堅めなので、著者が一般向けの作品を出していくうちに売れそうなポイントやコツをつかんでいったのではないかと思っている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 玉木俊明,