FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365
デイヴィッド・S・キダー&ノア・D・オッペンハイム (著),
小林朋則 (翻訳)

文響社 2018/4/27



世界の教養の入り口になる人物や事件、団体などを365項目紹介しているシリーズの第1作。
『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 現代編』に続いて読んでみた。

本書では歴史、文学、視覚芸術、科学、音楽、哲学、宗教の7つのカテゴリーを曜日ごとに当てはめ、それぞれ同じ数にした結果か、365項目ではなく364項目となっている。

『現代編』とも共通するがあくまでアメリカ人がアメリカ人向けに書いたものなので、欧米やキリスト教関連などが多くなっていることは了承の上で読んでいった。

カテゴリーでは歴史と宗教は比較的予備知識があるので読みやすかったが、他の分野は有名な人物(例えばピカソやベートーヴェンなど)や作品(例えばタージ・マハルやムンクの「叫び」など)を除くとあまり分からない、というか興味が持てなくて読み飛ばしたところも多い。
上記の「アメリカ人がアメリカ人向けに書いた」ということで、まあいいかと思ったのもある。

その結果解説文まできちんと読んだのは多分3割くらいだろうと思うが、どのような項目がアメリカ人から見て教養とされているのかを少し知ることができ、売れているのもそれなりに理由はあると感じた。





世界でいちばんやさしい 教養の教科書
児玉克順 (著), fancomi (イラスト)
学研プラス 2019/2/19


1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 人物編
デイヴィッド・S・キダー (著), ノア・D・オッペンハイム (著),
パリジェン聖絵 (翻訳)

文響社 2019/4/12


にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト