FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



勇敢な日本経済論 (講談社現代新書)
高橋 洋一 ぐっちーさん
講談社 2017/4/19



9月に逝去されたブロガーで実業家の「ぐっちーさん」こと山口正洋氏が2年前、元財務官僚で経済学者の高橋洋一氏と日本経済などについて語り合っている対談本。

理系で財務省(旧大蔵省)の非効率さや不合理さを改善しようと奮闘していたが色々あって追い出されたり窃盗の容疑を受けたりした経験のある高橋氏と、海外の投資銀行で活躍していたがサブプライム証券の販売を拒否してクビになったことがあるぐっちーさんの対談ということで、それぞれボトムを経験した者の凄みを感じられる話が多い。

2人はボトムを経験した意味では4回も破産したトランプ大統領や、第一次政権を辞職した後に返り咲くことは無理だと思われていた安倍首相もそうした強みを持っていると語り、ぐっちーさんはトランプ氏が資金難の頃に奔走した経験を、高橋氏は安倍氏が暇だった時期にアベノミクスにつながる話をしていたエピソードを語っていて、かなりの刺激を受ける。

ぐっちーさんが会った頃のトランプ氏は上品な英語を話していたそうで、現在のような少し品がなくて分かりやすい語り方は低所得層に受けるためにやっているキャラのようで、未だにトランプ氏を単に異常な人扱いするマスコミが書けない話をしている。

そして日本政府を企業のようにバランスシートで見れば財政は全く問題ないこと、増税は財務官僚が天下り先の費用を徴収したいためという話、金融政策は雇用のためになされるべきとの主張、役所の規制緩和や改革への救いがたい抵抗、金融やマスコミのような規制に守られた業界の腐敗しきった対応など、テレビ番組などでは話すことを許可してもらえない話が多く刺激的である。

中でも、高橋氏が第一次政権辞職後の安倍氏に金融緩和を進めた際に「左派の政策ですけどいいんですか?」と聞き、安倍氏が「全く問題ない」と答えているエピソードなどが面白い。

また、規制緩和はどれが効果が出るかはやってみて時間が経たないと分からないので、特区を設けるなどしてとにかく数多くやってみることが効果的だが、効果が分からない上に既得権益層にはダメージがすぐに分かるために理解が得られない難しさを語っているところも印象に残る。

発行されてから2年以上経過しているが、あまり古びてもおらず興味深く読むことができた。
ぐっちーさんこと山口氏が若くして逝去されたのはつくづく残念である。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト