FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。




プロ野球・横浜DeNAベイスターズの2020年シーズンにおける裏側を描いたドキュメンタリー映画。
昨年末に最寄りの映画館に観に行った。

主題となっているのは2018年オフにメジャー移籍希望を出し、2019年オフにポスティングシステムを用いてタンパベイ・レイズに移籍した筒香嘉智のキャプテンとしての存在感の大きさと、最後のシーズンになることを意識しながら闘った選手たちに首脳陣、裏方の方々が扱われている。

シーズン序盤の連敗中や優勝争いでメンタル的に厳しい時期に率先して周囲を盛り上げていく筒香の活躍は、ニュースやテレビなどでの試合観戦では分からないところで、充実した内容となっている。

筒香以外にも、エースとして活躍できた今永昇太、守護神としてもだがリリーフ陣のリーダー格だった三上朋也が離脱した後にその代わりになろうとした山崎康晃、序盤は離脱して復帰後は中継ぎに先発に大活躍した石田健大、代打の切り札に外野に活躍した乙坂智、レギュラー争いにもがきながらもシーズン後半に筒香のアドバイスもあって打撃成績の向上が見られた柴田竜拓などの活躍やインタビューも収録されていて見ごたえがある。

首脳陣ではラミレス監督や投手コーチの三浦コーチ、木塚コーチなどのコメントが多く扱われている印象がある一方、打撃コーチの田代コーチや坪井コーチの扱いが少なかったような気がする。

また、チームにも帯同して選手の離脱や苦しい時期にミーティングで演説するなど、フロントのトップであるはずの三原球団代表もしばしば登場し、選手たちとともに闘っていることが伝わってくるのも好印象である。
FA権を取得したが残留して複数年契約を結んだ捕手の伊藤光が三原代表との面談でもいい言葉をかけられたことを語ったとのニュースを読んでいたこともあり、チームの代表として重要な活躍をしてきたことが分かる。
シーズンオフに選手やファンの感情を逆なでする発言を連発した、中日の加藤球団代表とは大きな違いだと感じる。

先日、来年のキャプテンは4年目となる佐野恵太が就任することになったが、筒香が最後の試合後にユニフォームを数人の選手に譲っていて、その中には佐野も入っていることや、声掛けでも主導していたことなどから、佐野も有力候補だと思っていたので納得する部分もあった。

より筒香やベイスターズに感情移入することができる内容のドキュメンタリー映画で、来年以降の活躍を期待している。







にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト