FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



広瀬 公巳 (著)
文藝春秋 (2019/10/18)


モディ政権になってからのインドの政情を中心に、モディ政権の政策、与党となっている人民党と長らく政権を担ってきた国民会議派の状況、カーストなどのインド独自の難しさ、ライバル国でもあり貿易相手国でもある中国との関係、IT産業が発達した背景、日本はどのように付き合っていくか?などを解説している作品。

モディは商店主の家に生まれた叩き上げの政治家で、特に経済政策での実績を上げていることが読んでいて印象に残った。
そして与党の人民党はヒンドゥー教徒を中心とした政党のようで、現在は他の支持層とのバランスをうまくやってきたと思われる。

モディの政策で一番目を引いたのは、高額紙幣の使用を突然停止したことで、どのように混乱が収拾されたのかがいまひとつ分からなかったのでもう少し知りたいところである。

そしてライバルの国民会議派は多くの支持基盤を持ち、日本の自民党に少し似た性格があるようだが、初代首相のネールに始まるネール・ガンディー一族が指導者を務めていることが多い。
(モディの前のシン前首相は、当時の党首だったソニア・ガンディーがイタリア生まれで国会議員になれなかったための就任)
ただ、一族の指導者が宗教対立に巻き込まれて暗殺されたことや、長期政権への不満などもあったのか現在は野党となっている。

こうした国内の政治的な話の他、トランプ政権の移民制限や入国管理強化などによる影響を受けている話、日本の安倍政権とのやり取りなどが印象に残った。

インドについてはあまり知識があるとは言えない状態だったので、初めて知ることが多くて興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト