FC2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



乃至 政彦 (著)
河出書房新社 (2019/9/26)


惟任日向守光秀の事績を史料からたどり、通説とは異なる部分が多々あることを語っている作品。
よくあるNHK大河「麒麟がくる」の便乗本だと思っていたが、タイトルに「明智」を使わないようにしたとあとがきで書いているなど、著者の『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』のように少し驚くような話が多く扱われている。

まず、光秀が土岐氏に連なる明智氏の出身というところから怪しいと見ていて、「麒麟がくる」で斎藤道三から毒殺される土岐頼充(頼純)に仕えていた武士だった可能性が高いものの、仮に明智の系譜に連なったとしてもかなり傍流で、家柄が良かったら美濃を離れてから10年も貧窮生活をしていないと語っている。

軍記ものでは光秀が日本各地を巡って戦国大名たちと出会ったというのも身分から行くと無理があるが、光秀が当時では武田・上杉・北条でしかやっていなかった兵種別の軍編成をできていたことから、東国で軍事を学んだことまでは合っているという。

そして、信長からつけられた惟任(これとう)という苗字も九州の名族だったというがそれ以前には史料になく、信長は任(いとう≒伊東)とつけたのを、信長のネーミングセンスのダサさ(日向の伊東氏の偽物みたい)から惟任に変更したという話には驚かされた。
ちなみに、丹羽長秀がつけられた惟住(これずみ)という苗字も、維住(いずみ≒出水)だったという。

信長についても通説と大きく異なる話が多く、特に信長は室町幕府や足利義昭を軽視していたとされがちだが、元々は中央の政治にはあまり関心がなく、義昭や細川藤孝、光秀らに巻き込まれてからも室町幕府を継続してその実権を握る形を目指していたという話に驚かされた。
ただ、義昭の言動には朝廷、京の人々、秀吉など信長の家臣たちは既に見切りをつけていて、実現するために苦慮していたという。

他にも、「天下布武」の印章についても、特に日本を支配したいとか畿内を支配したいとかではなく「単純に文字のデザインがかっこいいから」という理由で、だからこの印がついた書状を受け取った他の大名も特に怒ったりもしていないという話などが面白かった。

最初の方は史料の考察の話に少し退屈していたが、途中からは通説と大きく異なる話がいくつも出てきて、非常に興味深く読むことができた。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト