fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



本郷 和人 (著)
河出書房新社 (2018/11/21)


現在の日本史の授業が暗記科目となっていて考えることがおろそかになっていることを憂い、考えることの重要性から日本史を語っている作品。

編集者から信、血、恨、法、貧、戦、拠、三、知、異と10の漢字でお題を出してもらい、それに対し著者が即興で話した内容をまとめた構成となっている。

中世では法律の記録がずさんで判例や法の根拠があるか否かから裁判をしていたという、現代から見ると恐ろしい話や、律令を導入した際に科挙を採用しなかったことで世襲の社会となって知識を軽んじて儀礼を重んじていた話、昔から軍事の研究が進んでいなかったり発展を必ずしも望まない傾向が日本にはあったことなど、興味深い論点がいくつも語られている。

「拠」の話では城攻めのシーンがある漫画として『キングダム』と『狼の口』が紹介されていて、『キングダム』は読んでいるが『狼の口』は未読なので関心を持った。

最近読んだ著者の『世襲の日本史: 「階級社会」はいかに生まれたか』『怪しい戦国史』と重なる話もしばしばあるが、多作となった場合につきもののことではある。

他国の歴史と比べての日本の歴史や、現代から見た過去の特徴などの一端が分かるようになっていて、興味深く読むことができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 本郷和人,