fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



井沢 元彦 (著)
小学館 (1999/12/3)


井沢元彦の『逆説の日本史』シリーズの第5巻で、鎌倉時代を扱っている。

最初は頼朝の話で、頼朝が多くの奇蹟によって成功した「バカヅキ男」であることや、伊豆に流罪になったことで関東武士団の心情を理解して最高の神輿・傀儡になれたこと、罪人の頼朝を担いだ北条時政の先見の明、福原遷都や南都焼き討ちといった清盛のミス、この時期に発生した日照りが西国に飢饉、東国に豊作をもたらしたという気象的な話などが興味深い。

次が義経と奥州藤原氏の話で、まず前九年・後三年の役で源氏が奥州藤原氏に恨みがあるという背景から、義経の天才的な軍才とそれに釣り合わない政治センスの欠如に起因した急激な没落などが書かれている。
そしてこのシリーズらしく、平泉の中尊寺金色堂に頼朝から征伐を受けた藤原泰衡の首を含む4代のミイラが現存していることと、義経が生き延びたという伝説もまた、怨霊信仰が新たな時代になって別の鎮魂方法が生み出されたという見立てをしているのが面白い。

鎌倉幕府が成立した時期が諸説あるのは、頼朝が朝廷から東国支配権、日本国総地頭職、日本国惣追捕使、そして征夷大将軍と個別に利権や役職を獲得していったためで、これは古代ローマでアウグストゥスが元老院から執政官職権や護民官職権、神官長、裁判権などを個別に獲得して事実上の皇帝になった話を連想した。

源氏が三代で滅んだ話では、頼朝が皇室の外戚になろうとしたことと、実朝が和歌に没頭して後鳥羽上皇から『新古今和歌集』をいただいたことが武士たちからするといかに裏切り行為に当たるかを書いていて、実朝が鶴岡八幡宮で多くの公家が見ている中で暗殺された象徴的な意味という話が印象に残る。

その後に発生した承久の乱で主将として戦後処理をしたり執権就任後に『御成敗式目』を制定した北条泰時の話では、日本で初めて「革命」を成功させた人物として書かれていて、それでいて敵方である朝廷などからも評判が良かったという話には、日本的な心情に合った行いをしてきたであろうことが伝わってきた。

泰時の政策などは「大岡政談」などの元ネタにもなっているそうで、法律の順守よりも「納得」を最優先にしたことがポイントのようで、現実に合わない律令を改正や廃止せず、これまでの法制とは整合性もないが実態に合って「納得」が得られる『御成敗式目』を制定した部分がいかにも日本的だという。

この「法律より納得」という部分は現在でもあり、憲法9条(軍隊を保持しないとあるのに自衛隊がある)だけでなく、「護憲派」が触れられると嫌がるであろう憲法89条(公金を公共でない学校に出してはいけないとあるのに私学助成金を出している)の話につなげていて、ある意味現状は日本人にとって「自然」ということらしい。
(他国に通用するかはまた別の話)

泰時の政策に影響を与えた人物には明恵(みょうえ)という華厳宗の高僧がいて、こうした「自然」の考え方を説いたらしいとの話も書かれている。
明恵もまた泰時と同様に実績に対して不当に扱いが悪いようなので、関連した本を読んでみようかと思う。

これまでのシリーズも面白かったが、武士の時代になるとさらに面白くなっていることを感じる。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 井沢元彦, 逆説の日本史,


井沢 元彦 (著)
小学館 (1998/12/4)


井沢元彦の『逆説の日本史』シリーズの第4巻で、平安時代中期から平氏政権の時代を扱っている。

前半が藤原氏が権力を握った過程と、敗者となった小野小町や大伴黒主、在原業平といった六歌仙、菅原道真、ライバルだった源氏などが、『古今和歌集』や北野天満宮、『源氏物語』など、神に祀ったりフィクションの世界で優遇することで怨霊が祟りをしないようにした話がなされていて、『万葉集』などを扱った前作の続きのような内容となっている。

後半が平安時代に軍隊の撤廃により、元々は私兵でしかない武士階級が出現して平将門の出現、そして院政が始まって白河上皇や鳥羽上皇のわがままにより朝廷内での対立を武士にやらせたことで保元の乱・平治の乱を経て平氏が政権を握って急に滅んだ過程が書かれている。

サブタイトルが「ケガレ思想と差別の謎」となっているのは、後半の背景に当たり、戦後の平和に関する考え方の問題点にも通じているために強調するためと思われる。
戦後に左翼勢力が唱えてきた非武装中立論がデメリットを言わない詐欺に近いものと断じていて、その背景には死のケガレに直面する軍隊もケガレたものという差別的な考え方と、平和は無条件で清らかなものという思い込み、平和の手段もまた正しいものでなければならないという考えなどが、日本人に昔から根付いていると語っている。
(戦乱の時代はそんなことを言ってられないので、あくまで比較的平和な時代の話)

これを読んでいると左翼の憲法9条論やら自衛隊解体論はGHQの洗脳とか中国や韓国などによる情報工作による部分が強いと考えてきたのだが、元々日本人が抱いてきた傾向を利用されているのだということが何となく分かってきた。

それにしても、武士はケガレた階級だから子供に父親を処刑させても問題ないという後白河天皇のやり方はひどく、江戸時代の朱子学的な史観では徳を失ったから武士の世の中になったと考えられていたのも分からないではない。
もっとも実際は、政権担当者であるべき藤原氏が占いと儀式と贅沢ばかりをやってガバナンスが機能しなかったことが直接的な原因であり、平安時代とは「ケガレたと考えたものを排除した社会がどうなるのか?」を教えてくれる時代なのだろう。

オウム真理教とか阪神大震災、司馬遼太郎の逝去といった執筆当時のトピックが多く入っているところには時代の変化を感じるものの、内容自体が古びていないのはすごいことだと思う。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 井沢元彦, 逆説の日本史,


長澤まさみ (出演), 田中亮 (監督)
ポニーキャニオン 2019/12/04


テレビドラマの『コンフィデンスマンJP』の劇場版第1作。
映画版第2作の『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の公開を7/23に控え、フジテレビ系で昨夜放送されていたのを観た。

このシリーズは観たことがなく、関心があったので観た。

内容は昔読んだ小林信彦の小説『紳士同盟』のようなコン・ゲームもので、よりコメディタッチのものとなっている。
ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)を中心としたチームが、今回は香港を舞台として大掛かりな信用詐欺に挑戦している。

ターゲットとされた香港の女性財閥総帥(竹内結子)、過去にダー子たちに大金をだまし取られて復讐に燃える日本黒社会の黒幕(江口洋介)、謎の結婚詐欺師(三浦春馬)など、重要キャストもそうでないキャストも有名俳優を多数起用していて、かなり製作費をかけていることも伝わる。

序盤から中盤にかけては少し「設定が甘いのでは?」というシーンがいくつかあったが、後半から終盤に伏線を回収しているところが爽快感があっていい。
欲望丸出しのダー子を演じる長澤まさみの演技や「ダー子」というニックネームからして面白いし、脇役の五十嵐(小手伸也)のキャラクターも楽しい。

近年から昨日にかけて東出昌大や三浦春馬に関して色々あったが、それもあまり考えずに楽しむことができた。
『プリンセス編』も観てみたくなったので、作品もこのタイミングで番宣として放送されたのも成功だと思う。





にほんブログ村 本ブログへ


日下 公人 (著)
ワック (2020/6/27)


日下公人による最新の作品。
3年前に読んで以来の著作だが、雑誌に連載されていたものをまとめているということもあるのか、他の著作で出てこない話は少な目になっているような印象がある。

他の著作をあまり読んでいなければ新鮮に感じる話も多いのだが、現在よりは比較的平穏だった2017年頃の話も入っているためか昔話の比率が高いのが一因だろう。

トランプと安倍首相の関係とか、日本の無手勝流によって韓国がイラついていたり習近平が少し諦め気味などという話は比較的最近の話なのでまあまあ面白い。

日本人に対してポジティブに激励するような内容なのも他の著作と同様で、いいと思う。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 日下公人,


三浦 正幸 (監修, 監修)
実業之日本社 (2009/6/27)


日本の45の城を紹介し、構造的な特徴やエピソードなどを解説している作品。

似たテーマの作品である『30の名城からよむ日本史』に掲載されていない城だと、

弘前城、仙台城、白石城、米沢城、名胡桃城、忍城、春日山城、丸岡城、一乗谷館、躑躅ヶ崎館、小諸城、松本城、田中城、山中城、犬山城、彦根城、安土城、観音寺城、竹田城、柳本城、岡山城、備中松山城、萩城、丸亀城、宇和島城、佐賀城、鹿児島城

と27が扱われている。

この中では特に、名胡桃城(小田原攻めのきっかけになった)、小諸城(周りより低い場所に城がある)、柳本城(古墳に建設された、松永久秀や織田有楽斎にゆかりのある城)、田中城(武田流の円形の縄張りが特徴)などが編者の嗜好が感じられて面白い。

そしてNHKで放送されている教養バラエティ番組「ブラタモリ」で扱われていた、弘前城、彦根城、名古屋城、大坂城、上田城、仙台城なども扱われていたので、その時の放送や書籍化された作品のことを思い出したりもした。

ただ、この手の作品では毎回文句を言っているような気がするが、城の周辺を図解した地図や、縄張り図などが掲載されていないため、地理的な話や建設上の特徴などを文章で書かれてもいまひとつ伝わってこない。
しかも、各章についている地方ごとの城の位置の図が怪しい(例えば佐賀城が実際よりかなり西寄りに書かれている)のも、読んでいてテンションが下がる一因になっている。
数を多く紹介するのもいいが、地図や縄張り図などににページを割いてもらった方がありがたい。

構成や文章に粗さがあるが、まずまず興味深く読むことができた。





にほんブログ村 本ブログへ