fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



井沢 元彦 (著)
小学館 (1999/12/3)


井沢元彦の『逆説の日本史』シリーズの第5巻で、鎌倉時代を扱っている。

最初は頼朝の話で、頼朝が多くの奇蹟によって成功した「バカヅキ男」であることや、伊豆に流罪になったことで関東武士団の心情を理解して最高の神輿・傀儡になれたこと、罪人の頼朝を担いだ北条時政の先見の明、福原遷都や南都焼き討ちといった清盛のミス、この時期に発生した日照りが西国に飢饉、東国に豊作をもたらしたという気象的な話などが興味深い。

次が義経と奥州藤原氏の話で、まず前九年・後三年の役で源氏が奥州藤原氏に恨みがあるという背景から、義経の天才的な軍才とそれに釣り合わない政治センスの欠如に起因した急激な没落などが書かれている。
そしてこのシリーズらしく、平泉の中尊寺金色堂に頼朝から征伐を受けた藤原泰衡の首を含む4代のミイラが現存していることと、義経が生き延びたという伝説もまた、怨霊信仰が新たな時代になって別の鎮魂方法が生み出されたという見立てをしているのが面白い。

鎌倉幕府が成立した時期が諸説あるのは、頼朝が朝廷から東国支配権、日本国総地頭職、日本国惣追捕使、そして征夷大将軍と個別に利権や役職を獲得していったためで、これは古代ローマでアウグストゥスが元老院から執政官職権や護民官職権、神官長、裁判権などを個別に獲得して事実上の皇帝になった話を連想した。

源氏が三代で滅んだ話では、頼朝が皇室の外戚になろうとしたことと、実朝が和歌に没頭して後鳥羽上皇から『新古今和歌集』をいただいたことが武士たちからするといかに裏切り行為に当たるかを書いていて、実朝が鶴岡八幡宮で多くの公家が見ている中で暗殺された象徴的な意味という話が印象に残る。

その後に発生した承久の乱で主将として戦後処理をしたり執権就任後に『御成敗式目』を制定した北条泰時の話では、日本で初めて「革命」を成功させた人物として書かれていて、それでいて敵方である朝廷などからも評判が良かったという話には、日本的な心情に合った行いをしてきたであろうことが伝わってきた。

泰時の政策などは「大岡政談」などの元ネタにもなっているそうで、法律の順守よりも「納得」を最優先にしたことがポイントのようで、現実に合わない律令を改正や廃止せず、これまでの法制とは整合性もないが実態に合って「納得」が得られる『御成敗式目』を制定した部分がいかにも日本的だという。

この「法律より納得」という部分は現在でもあり、憲法9条(軍隊を保持しないとあるのに自衛隊がある)だけでなく、「護憲派」が触れられると嫌がるであろう憲法89条(公金を公共でない学校に出してはいけないとあるのに私学助成金を出している)の話につなげていて、ある意味現状は日本人にとって「自然」ということらしい。
(他国に通用するかはまた別の話)

泰時の政策に影響を与えた人物には明恵(みょうえ)という華厳宗の高僧がいて、こうした「自然」の考え方を説いたらしいとの話も書かれている。
明恵もまた泰時と同様に実績に対して不当に扱いが悪いようなので、関連した本を読んでみようかと思う。

これまでのシリーズも面白かったが、武士の時代になるとさらに面白くなっていることを感じる。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 井沢元彦, 逆説の日本史,