fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



みずしな孝之 (著), 貫井康徳 (編集)
株式会社デジタル・コンテンツ・パブリッシング (2012/9/27)


『ササキ様に願いを』や『幕張サボテンキャンパス』『いとしのムーコ』などで知られる漫画家・みずしな孝之による、自身の日常などを描いた4コマ形式のコミックエッセイ。

作者が漫画家だけでなく、役者などの活動もしていることを本書で初めて知り、多才な人であることに少し驚かされる。

描かれているのは日常でのちょっとした失敗や、街中にある標識などから思いついた妄想ネタ、編集者やアシスタントたちとのなどで、まさに『ほどほど日記』というタイトルに合った内容となっていて面白い。

他の作品にも言えるが、少し荒くてインパクトのあるタッチとネタの組み合わせがいいことを認識し、楽しむことができた。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト