fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。







スウェーデン出身の漫画家が日本の不思議さなどを描いているコミックエッセイの第2巻。
第1巻が面白かったので、続けて読んだ。

本作は4章立てで、「ますます不思議の国の日常編」、「友達を連れて日本案内編」、「スウェーデンのオタク女子編」、「日本で漫画家デビュー編」が収録されている。

前半も第1巻から続く感じの話で面白いが、後半の日本とスウェーデンなどでのアニメや漫画の表現の違いや吹き替えによる違い、編集者や出版業界の事情などについての話がさらに面白く感じた。

例えば汗や怒りで表現が外国人から見ると伝わらないことや他国ではまた別の表現があること、日本の出版界のスピード感などで、こうした部分もいろいろと違うものなのだと考えさせられる。

さすがに第1巻ほどのインパクトはないが、楽しむことができた。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト