fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



今井ムジイ (著), すずの木くろ (原著), 黒獅子 (デザイン)
KADOKAWA (2017/4/22)


宝くじで40億円当てた青年が周囲からのタカリを避けて田舎に移住したところ異世界への扉を見つけ、現代から持ち込んだ物資によって村人たちから持ち上げられていくというライトノベルをコミック化した作品の第1巻。

ほのぼのとした世界に行って現代の物資が驚くほどの効果を上げているところなどはまあ面白いが、設定自体にツッコミどころを多く感じてしまった。
これはコミック版で、背景などが語られていないためかもしれない。

まず、主人公がどんなところかもあまり分かっていない状態で異世界と何度も往復して人々を助けようとする理由がいまひとつ分かりづらい。
考えられるのは、
  • 元々の世界で外出があまりできないので、暇で寂しい
  • 人々から感謝され、求められて意気に感じる
  • 買ってきた物資の効果が絶大で面白い
  • 異世界への単純な好奇心
  • 村長の娘に惚れた
といったところだろうか。
虫の料理に引いているように、どんな危険があるか分からない状況で入り込んでいるのは勇気が要るのでは?と思った。
(他の異世界ものでは否応なく飛ばされるパターンが多いので、こうした疑問を持つことは少ない)
それと、スーパーやホームセンターで買い占めるレベルの買い物をしていたら、さすがに怪しまれたり狙われたりする危険も高そうな気がする。
・・・こうした作品で考えても仕方がないことなんだろうが。

ただ、「宝くじで40億円当選したら何をするか?」と考えてみるきっかけにはなったので、その意味では面白い。
本作でも書かれているように、当選したことを隠しても銀行などから漏れるだろうから、
  • 会社を退職する
  • 引っ越しをする(自動車を使わなくていいところ、おいしい店が近いところ、治安がいいところなど・・・)
  • 運用で食べていけるように分散投資する
  • 引きこもってできる趣味の道具を用意する
あたりになるのだろうが、想像力がいまひとつな気がしないでもない。
あとは人間関係をどうするかだろう。

全体的には、気分転換くらいに読むにはいい作品かと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト