fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



森岡 知範 (著), 五味 洋治 (著), 角田 陽一 (著), 角田 裕育 (著)
宝島社 (2018/7/26)


東京やその近郊にある地下鉄、地下街、地下道、地下施設、地下水路などについて、101のトピックに分けて紹介・解説している作品。
地下施設の話は結構好きなので、本書も読んでみた。

この手の本を10冊くらいは読んだと思うので知っているものもそれなりにあるが、比較的新しいだけあって知らない話も多く扱われていて興味深く読むことができた。

例えば首都圏外郭放水路のことは知っていたが、正式名称が庄和排水機場で別名が「龍Q館」ということや、環状七号線の地下にも洪水対策のトンネルが存在して東京湾までの延長計画があることなどは知らなかった。
この環状七号線の下にあるトンネルの延長はこれまでの洪水対策が機能したために優先度が下げられたようである。

昨年は多摩川下流域の武蔵小杉などが豪雨による洪水に見舞われてタワーマンションが被害を受けたニュースが報道されていたが、元々は軟弱な地盤の工場用地だったわけだし、さすがに対策が立てられていなかったのだろう。
洪水が起こりそうな場所にマンションを多数建設して災害が起きたら税金で対策を・・・という話になると、理解が得られるのか少々疑問がある。

また、高輪の真言宗寺院の地下に変電所があることは知っていたが、他にもさまざまな場所にこうした地下変電所があって安定した電力供給を支えている話も興味深い。
場所はテロの問題があるので某所とぼかされていて、正しい判断だと思う。

他にも昔の雰囲気が残る地下街や、新たな名所となりそうな地下のスポット、地下の歴史遺産など多くの話が扱われている。

『大東京の地下鉄道99の謎―各駅の地底に眠る戦前の国家機密!』の著者である秋庭俊氏による地下施設に関する疑惑(旧日本軍が地下施設を建設していたのでは?というもの)にも触れているが、秋庭氏みたいに「隠されているから政府は真相を語れ!」みたいなことは書かれておらず、「おそらく当時の経済情勢では無理」とか「真相が明らかになることはおそらくない」とか「そんな施設を作ったら多くの作業員から漏れないとは思えない」など、冷静な意見が書かれていたのが面白かった。

好きなテーマについて新たな知識を得ることができ、読んでよかったと思う。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト