fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



川井 昂 (著), 四季 童子 (イラスト)
主婦の友社 (2016/12/28)


小説投稿サイト「小説家になろう」で連載中のライトノベル『傭兵団の料理番』の書籍化した作品の第2巻。
第1巻が面白かったのと、WEB版に登場しないキャラクターや設定が書籍版では大幅に加筆されているようなので、続けて読んだ。

本作では弓隊の隊長でチャラい雰囲気のテグ、花魁みたいな見た目で特殊工作部隊の隊長でもあるアサギ、そしてニュービスト王国の王女で12歳ながら政治家としても能力を示すテビスとの回が収録されている。

テグとテビスはWEB版でも登場していたので話は大体分かっていたが、アサギは書籍版からの登場なので新鮮に感じながら読んだ。
花魁みたいな話し方は使い方として合っているのか怪しかったり、語り手としてもその口調でされるので違和感が強かった部分もあるものの、博打好きで女性的な魅力を前面に出したキャラクターはガングレイブ傭兵団に彩りを加えている。

雰囲気や設定、キャラクターなどが魅力的で、続けて読んでいるのだろう。
次の第3巻も読んでみる。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト