fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



ジェームズ・パードウ (著), 中島 早苗 (翻訳)
アスペクト (2010/6/25)


ウォーレン・バフェットの研究者でもある弁護士が、バフェットの投資手法について解説している作品。

ざっくり言うと、年月を経ても同じ業務を続けられて優秀な経営者がいる企業を、経済情勢の変化などで市場が暴落した時に購入し、バイアンドホールドするというものである。
そして、銘柄を絞り込んで集中投資することを語っていて、分散投資には否定的な見解を示している。

読んでいくと、バフェットの投資手法はシンプルなように見えて実際に実行するのは改めて難しいと感じる。
まず、経営者の判断が難しいことと(多分日本だからということもある)、銘柄を選んで下がる時期を待つということは投資する気満々の人だとなかなかできることではないように思う。

私の場合は『会社四季報』を読んでこれはという銘柄をタイミングをさほど考えずにちょこちょこ指値で購入して持ち続けることが多く、あまり待つということができないでいる。
本書で書かれている、価格が安くなったら購入したい銘柄をリストにしてチェックする手法は検討しておきたい。

終盤にはさわかみ投信の創業者である澤上篤人氏による長期投資の勧めが書かれていて、お馴染みの澤上節ではあるものの、購入する銘柄をリスト化しておく話はここでも書かれているのでチェックしておく。

必ずしもできることばかりではないものの、参考になる作品ではあったと思う。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : ウォーレン・バフェット,