fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



中丸満 (著), かみゆ歴史編集部 (編集)
イースト・プレス (2021/11/10)


大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に便乗して企画されたと思われる、この時代のポイントを紹介している作品。
99の項目はそれぞれ見開き2ページで書かれていて読みやすい。

基本、平安末期・鎌倉初期の大まかなところを知っている人向きの内容が書かれていて、ややマニアックなことや、研究が進んで『平家物語』や『吾妻鑑』に書かれていることとは必ずしも一致しない史実などが興味深い。

例えば平家の残党で反乱を企てていた人物や、河内源氏の嫡流につながる人々の末路、朝廷や幕府内のパワーバランス、北条政子の影響力などの話が面白かったように思う。

「鎌倉殿の13人」ではこれまで重苦しくてあまりテレビで描かれていなかったと思われるシーンも出ているようなので、合わせて読むとより楽しめるのだろう。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト