fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



HKT48
Universal Music (2022/06/22)


アイドルグループ・HKT48の15枚目のシングルCD。
タイトルにもあるようにさわやかな感じの夏曲で、今後も夏に開催されるコンサートやフェスなどでも多く歌われることになりそうだと感じる。

MVはゲームの世界をイメージしたと思われるもので、歌詞とは必ずしも一致しないものの、これはこれでいい。
先月に行ったコンサートでも披露されていて、楽しむことができた。

今作の選抜メンバーは昨年のシングル『君とどこかへ行きたい』やアルバム『アウトスタンディング』の表題曲「突然 Do love me!」などで選抜に入っていた上島楓、田島芽瑠、水上凜巳花、松本日向が卒業で抜け、6期生が選抜に入ってくる前と世代交代が入る時期で、非選抜のメンバーにとってはかなりのチャンスだったと思う。

例えば『12秒』で村重杏奈や植木南央、『早送りカレンダー』で荒巻美咲や駒田京伽が選抜復帰した頃を思わせる。

ここでチャンスを掴んだのが選抜に復帰した小田彩加や今村麻莉愛、初選抜の市村愛里らということになる。
小田はこれまでも選抜に入ったり外れたりとボーダーラインにいたメンバー、今村は劇場での貢献度が認められたと思われる結果、市村は5期生で上位にいた上島と水上が抜けて繰り上がったのと徐々に人気を上げてきたからという印象がある。

次のシングルでは確実に外れるのは卒業予定の松岡菜摘のみで、6期生から最上奈那華や井澤美優など数名が入ってくることが予想され、選抜争いはかなり熾烈になると思っている。

そして、運上弘菜が2~3番目、地頭江音々と豊永阿紀が4~5番目、他にも堺萌花と武田智加が選抜に入っていて非選抜は宮崎想乃のみと、4期生が主力になってきているのが分かる。

カップリング曲はタイプAが渕上舞がセンターを務める「向日葵の水彩画」、タイプBが渡部愛加里がセンターの「充分、しあわせ」で、前者が1期、2期、3期、ドラフト2期、4期から、後者がドラフト3期、5期で構成されていて、4期生が既に年長側にいるのが時代の流れを感じさせる。

11月に福岡市内でコンサートが開催されることが先月発表されており、都合がつけば行きたいと思っている。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : HKT48,