fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



NMB48(Team N)
laugh out loud! records 2014/3/31


NMB48・チームNのオリジナル公演曲をCD化した作品。
2月18日にHKT48・チームKⅣでこの公演の初日が行われ、それを観に行って楽しかったので購入した。

楽曲は下記が収録されている。

1 overture (NMB48 ver.)
2 青い月が見てるから
3 Radio name
4 ここにだって天使はいる
5 カトレアの花を見る度に思い出す
6 夢のdead body
7 何度も狙え!
8 おNEWの上履き
9 この世界が雪の中に埋もれる前に
10 ジッパー
11 初めての星
12 100年先でも
13 リボンなんて似合わない
14 ドガとバレリーナ
15 情熱ハイウェイ
16 少し苦い人生相談
17 不毛の土地を満開に…

テンポのいい「青い月が見てるから」と「Radio name」から始まり、ユニットではかっこいい「夢のdead body」やコミカルな「何度も狙え!」、セクシーな「ジッパー」など多彩な曲、アンコール前の「ドガとバレリーナ」とアンコールの疾走感ある「情熱ハイウェイ」の落差など、さまざまな曲が楽しめるセットリストになっている。

「何度も狙え!」はオリジナルはタイガースのユニフォームを模した衣装だったと思われるが、チームKⅣバージョンではホークスのユニフォームを模した衣装なのが面白い。

メンバーではオリジナルでセンターを務めて「夢のdead body」でギターを弾いていた山本彩のポジションを地頭江音々が存在感を出し、チーム再編でさらに序列が上がった感がある竹本くるみのかわいらしさ、歌唱力が試される「この世界が雪の中に埋もれる前に」での秋吉優花や坂本愛玲菜の歌のうまさ、「ジッパー」での山下エミリーのスタイルの良さなどが印象に残る。

「ジッパー」ではグラビア雑誌に掲載されることが多い田中美久を予想した人も多かったのではないかと思うが、小柄な美久ではなく手足が長くてステージ映えするエミリーを選んでいるのはよく分かっていると思う。

今回再編されたKⅣのメンバーのこの日の感じを見る限りだと、「100年先でも」で秋吉優花とともに側転を決めたり「ドガとバレリーナ」でバレリーナ役を務めた坂本愛玲菜がキーパーソンになりそうだと感じた。
同期が多かったチームTⅡからさまざまな期で構成される新チームでの活躍を期待したい。

チームHの『目撃者』公演もまだ観ていなくて関心はあるが、しばらくは『ここ天』公演を何度か観に行きたいと思っている。






にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト