fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



岩田 慎平 (著)
中央公論新社 (2021/12/21)


北条義時と、彼が生きた時代の朝廷や武士団、鎌倉幕府などの変遷を語っている歴史読み物。
著者の肩書は神奈川県愛川町郷土資料館の学芸員を務める、日本中世史の歴史学者となっている。

はじめの方はそもそも義時が史料に登場しないので、後白河法皇や頼朝、平清盛などの話が多く、頼朝が平治の乱の前に後白河法皇の近臣となっていたことがその後に長く影響を与えていることや、清盛が政権を握っていた時期も嫡男の重盛のように平氏一門の中に後白河法皇となっていて扱いが悪くなっていたことなどが書かれているのが印象に残る。

この時代の武士たちが近隣でお互いに争っていて攻撃するきっかけをうかがっているところがあり、頼朝が生きていた頃は抑えられていたのが死後に梶原や比企が滅ぼされたり、承久の乱などでも仲が悪かった者同士がすぐに敵味方に分かれるのも分かりやすい。

後鳥羽上皇が院政を主導した朝廷と鎌倉幕府も実朝が暗殺されるまではほぼ良好な関係を続けていたり、征夷大将軍が必ずしも鎌倉殿とイコールでないこと、朝廷と武家は対決ではなく軍事部門の権門として忠実な時が多いが自身の利害と関係したら反抗をためらわない関係だったらしいことなど、過去の通説などと異なる興味深い話が多かった。





にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 北条義時,