fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



小和田 哲男 (監修)
成美堂出版 (2022/11/28)


家康の生涯について、地図や人間関係などについての図解を多用して解説している作品。

既に知っている話も多いが、地図で図解されると距離感や方向性などが分かりやすく、社会や歴史の本ではもっとこの手の図解があるといいとも感じた。

家康の有力家臣やライバル、関わりが大きい城などのコラムも充実していて、それなりに読みごたえがある。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 小和田哲男, 徳川家康,