fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



柳田知怒夫 童門冬二 (著)
1979/1/1


戦国武将5人が登場するオムニバス型の「戦国の名将たち」と、ポルトガル人から種子島に鉄砲が伝来してその製法についての言い伝えを元とした「鉄砲伝来物語」の2作から構成される歴史小説。

小学生か中学生の頃に親戚からもらって自宅に置いてあったものを読んだと記憶していて、振り返ると本作が戦国武将たちに対するイメージを持つのに影響があった作品だと考えている。

「戦国武将物語」では、三好氏から圧迫されていた室町幕府13代将軍足利義輝の5人の側近たちが、それぞれ北条氏康、上杉謙信、武田信玄、今川義元、毛利元就の5人のところに派遣され、室町幕府を助けるために上洛を働きかけるというストーリーになっている。

5人が戦国武将に仕える過程でそれぞれのキャラクターが伝わってくるところが、今思うと丁寧に作り込まれた構成だったと思う。

多分本書を読んでいなかったら、後北条氏と対立した上杉氏や中国地方で毛利元就が台頭する前に勢力を誇った大内氏や尼子氏の話など、知ることが遅くなった可能性が高いような気がする。

そして「鉄砲伝来物語」は、鉄砲が伝来した種子島で領主から鉄砲の制作を命じられた職人が…という話で、印象には残っているものの、「言い伝え自体がちょっと苦しいんじゃ?」という感想を持った記憶がある。

いい作品は記憶に残ると感じたり、現在再読したとしても当時ほど面白くは読めないだろうと思ったりした。



にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト