fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



もぐら (著)
飛鳥新社 (2010/1/23)


都道府県を擬人化した4コマ漫画の第1巻。
第6巻まで出ているようである。

県民性の違いや隣接する都道府県との関係性、気候や歴史による背景など、知っている話も知らなかった話も描かれていて面白い。

特に、東北や甲信越のような私にとってなじみが少ない地方の話が新鮮に感じる。

序盤から中盤は各都道府県の紹介という感じ、そして終盤は本州と四国を結ぶ複数の橋(瀬戸大橋、大鳴門橋、明石海峡大橋、しまなみ海道など)が架けられるにいたる政治的な駆け引きや経済情勢による影響、阪神・淡路大震災の話が長編として描かれている。

ゆるいタッチで学べる部分が多く、続編も読んでみようと思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト