fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



塩野 七生 (著)
新潮社 (2014/7/28)


西ローマ帝国滅亡後、イスラム教の勢力とキリスト教の勢力が地中海をめぐって争った時代を描いた歴史読み物の第1巻。

中東から北アフリカ、イベリア半島と支配圏を広げたイスラム勢力は、相手が異教徒ということで首長が公認する形で海賊行為を繰り広げていることが書かれている。

対するキリスト教国側はビザンチン帝国が小アジアでイスラム勢力に圧迫された上に北からはスラブ人とも戦わねばならず、シャルルマーニュの後継者たちであるフランスや神聖ローマ帝国、そしてイタリアに盤踞するヴァイキング系のロンゴバルド人の勢力などは内輪もめを繰り広げ、ヴェネチア、ジェノヴァ、アマルフィ、ピサといった海洋都市国家はまだ弱小と、イスラム海賊からイタリアや周辺の島々を守ることができないという、まさに「暗黒の中世」といった状況が語られている。

北アフリカに近いシチリア島は特にイスラム海賊の襲撃を受けただけでなく、パレルモやシラクサといった主要都市も攻められていて、度重なる救援要請にキリスト教圏から本格的に救援に来るものがほとんどおらず、長期間にわたる籠城戦が報われないのはやりきれない。

さらに、イスラム海賊はイタリア半島の各地やフランス南部にも根拠地を作り、ローマやマルセイユといった大都市や、川をさかのぼった内陸部なども襲撃していて、その上襲撃しない代わりに金を出すよう脅迫するなど、やりたい放題をしていることが書かれている。
思っていた以上にイスラム勢力が地中海北岸を荒らしていたことが分かり、これだけ恨みを買ったのであればその後に十字軍が中東で暴れたのも理解できなくもないと感じたりもした。

この時代のローマ教皇はキリスト教徒たちが奪われ、殺されていくことに対して打てる手が限られていて、短命に終る人物が多かったようである。

他にも、イスラム勢力の支配下に置かれたシチリア島が、ギリシア、ローマ、イスラムといった文化が融合した独特な世界を形作ったという話も興味深い。

著者ならではの淡々とした語り口も読みやすく、続編も読んでみる。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 塩野七生,


山下昌也 (著)
学研プラス (2011/8/10)


家康に仕えた65人の武将、商人、僧侶、学者、外国人など、そして松平一族の人々の紹介をしている作品。

徳川四天王や徳川十六神将に挙げられている武将たちや、本多正信、大久保長安、伊奈忠次といった参謀や行政官の役割が強い人物、天海、崇伝、林羅山、茶屋四郎次郎、後藤庄三郎、角倉了以、三浦按針(ウィリアム・アダムズ)のような家康のブレーンたちと、多様な人材に恵まれていることが分かる。

徳川四天王や成瀬正成、伊奈忠次のように、秀吉からスカウトされた人物も多かったことも理解できる。

石川家成や本多広孝、松井忠次のように、功績があったのに本書で扱われていない人物が多いのも、層の厚さによるものなのだろう。

レーベル(学研M文庫)が廃止されていなければ、「どうする家康」に関連して復刊していたかもしれない。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 徳川家康,


山田 芳裕 (著)
講談社 (2002/9/18)


『へうげもの』の作者による、メジャーリーグを舞台とした野球漫画の第1巻。

大学でドラフトにかからず、内定した実業団チームも休部となった巨漢の選手である巨峰が、とあるきっかけからマイナーリーグの球団にテスト入団し、活躍する話になっている。

大学時代は不器用さを克服するために巨体を屈めたバッティングフォームだったのが、普通のフォームで思い切りスイングするようにしてからホームランを連発と、「一体それまでは何だったの?」という感じの活躍をいきなりしている。

また、大学時代はファーストだったためにスローイングを苦手としていて、この点を克服するところが第1巻で描かれている。

内容はかなり異なるものの、『へうげもの』で観られるようなオーバーな感情表現やあくの強いタッチが印象に残る。




にほんブログ村 本ブログへ





『ワールドトリガー 26』を購入した際に帯にB級ランク戦開始編の舞台が開催されると知り、大阪のサンケイホールブリーゼに観に行った。

工事していることもあって梅田周辺の地下の分かりにくさに悩まされつつ、何とか会場に着いた。
チケットに書かれていた席番が後ろの方だとは分かってはいたが、思っていた以上に傾斜がある会場で、かなり下の舞台を見下ろす感じだった。
そして、観客の女性比率がかなり高い。

観る前は舞台でどれくらいバトルを再現できるものなのか?と疑問があったが、演じている俳優さんたちの動きや照明、音なども作り込まれているようで、引き込まれた。

特に、村上鋼役の俳優はアクロバティックな動きをしているのに驚いた。

また、それぞれの隊が音楽に合わせてダンスをするパートがあり、観客が同色のペンライトを振ることもあって楽しい。
事前に分かっていれば準備したのに・・・と思ってしまった。

唯我VS三雲がシミュレーション戦をするところではパラパラをやっていて、ここが一番笑いを取っていたように思う。

あまり舞台を観ることがなかったこともあり、かなり新鮮で楽しめた。
次のガロプラ戦とかB級ランク戦の続編などが開催されるようであれば、これも観てみたい。






にほんブログ村 本ブログへ


宮崎 正弘 (著)
ビジネス社 (2022/10/3)


家康の業績について、歴史学者や作家が必ずしも言及できていないと思われることを語っている作品。

明治以降に政治的な理由などから「狸おやじ」という悪いイメージがついていることが多いが、実際は学問好きで好奇心が強く、バランス感覚を持っていた人物だったことが語られていく。

多くの合戦や危機からインテリジェンスを学んだことや、今川・武田・北条といった併合した大名家の縁者を側室にしたことが支配を円滑にした効果、家康が封じられた江戸は北条家が後背地として意図的に発展させていなかったことなど、なるほどと思わされる話も多い。

法治主義や通貨の一元化など、江戸幕府は当時としてはかなり近代的な政権だったことも書かれていて、後にあれこれ問題とされる朱子学の導入も、弊害も多かった仏教に頼り切らない統治の思想を求めたらベターな選択だったことも伝わってくる。

他にも朝鮮通信使が実際は日本への朝貢だったとする考え方や、江戸時代に朱子学者を名乗りながらも実際は陽明学の思想を持っていた人物は佐藤一斎だけでなく多くの儒学者がそうだったらしいという話も印象に残る。

細かな部分での間違いが気になるところもあるが、著者が実際に家康ゆかりの土地を訪れての感想なども書かれていて、興味深く読むことができた。




にほんブログ村 本ブログへ

関連タグ : 徳川家康,