fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



小畑 健 (著), 大場 つぐみ (原作)
集英社 (2009/1/5)


少年2人が、週刊少年ジャンプの連載を持つ漫画家を目指して奮闘する漫画。
第3巻まで読んでいる。

中学生の真城は、あるきっかけからクラスメイトの高木から原作:高木、作画:真城のコンビで漫画家にならないかと誘われ、本格的に目指していく。

最初は(物語の構成上必要なのは理解している)ヒロインたちとのやり取りがちょっと微妙だと感じなくはなかったものの、ジャンプ編集部に原稿を持ち込んで編集者の服部とやり取りするあたりから本格的に面白くなっていく。

漫画業界の裏話的な部分が多く書かれて厚みを出しているし、作者たちが経験しているであろうリアルな描写が印象に残る。

そして、3巻で主人公たちと同年代で中学を卒業してすぐにジャンプの連載を持つようになった天才漫画家の新妻エイジと、アシスタントをしていた福田と中井が出てくるあたりでさらに面白くなる。

エイジのぶっ飛んだキャラクターとツッコミ役だが何だかんだ面倒見のいい福田、いじられ役の中井がいると、真城とのやりとりが生き生きとしてくる。

各話ごとに作者たちのネームがどのように本編のコマになったかが紹介されているのも面白く、もう少し読んでみるつもりである。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト