fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



塩野 七生 (著)
新潮社 (2014/7/28)


地中海世界の中世で、キリスト教勢力とイスラム教勢力の間で戦われた海戦や、海賊の活動などを描いた歴史読み物の第2巻。

第1巻ではシチリア島がビザンツ帝国からイスラム勢の支配下に入ったことが書かれていたが、ヴァイキング系で南伊にやってきたノルマン人がシチリア島を奪取している。

また、その時期は十字軍の時代でもあり、多くがパレスチナを目指した一方で海賊の根拠地である北アフリカを攻める場面も出てくる。

そして、イスラム教にも理解があってローマ教皇と対立することも多かった神聖ローマ帝国のフリードリヒ2世の時期に、シチリアは多文化が花開いた話や、アマルフィ、ピサ、ジェノヴァ、ヴェネチアの海洋都市国家の活躍なども描かれている。

後半では、イスラム教徒の海賊がヨーロッパで住民を拉致して奴隷として働かせていたことに対し、彼らの救出を目的として国境を越えて結成された「救出修道会」と「救出騎士団」の活動が描かれている。

具体的には寄付を募って身代金を集め、海賊の根拠地のボスと交渉するというもので、苦しむ人を助ける行為そのものは善なのだろうが海賊にお金を払うことのデメリットは著者も指摘している。
病気で弱っている人を見せることで寄付を集めるやり方は日本のあの番組を連想させるし、イタリアで身代金目的の誘拐が非合法のビジネスになっている源流はこれなんじゃないの?という気もした。

さまざまなことを考えさせられる話が多かったように思う。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト




関連タグ : 塩野七生,