fc2ブログ
読んだ本の感想をつづったブログです。



モーガン・ハウセル(著), 児島 修(訳)
ダイヤモンド社 2021年12月09日


投資や貯蓄、消費などのお金の使い方について、心理的に陥りやすい失敗や、失敗を少なくするための考え方や手法、思われていたことと必ずしも一致しない傾向などを語っている作品。

過去を振り返って「なぜあの人はあのような愚かな行動をしてしまったのか?」と思われる場合が多いが、これについては「人間が判断するための情報は限られているから」と語っていて、それなりの事情があったのだろうと納得してしまう。

また、裕福になることと裕福でい続けることはイコールではないこと、性急に儲けようとしたりさらに儲けようとし過ぎた場合に何が起こるかなどについては、ジェシー・リバモアなど投資の失敗で全てを失った投資家や、大規模な詐欺で逮捕された実業家の事例を挙げているのも分かりやすい。

投資においては、ロングテールは有効で多くの銘柄がマイナスでも少数の銘柄が大きく上がってトータルでそれなりにプラスになるという話が印象に残る。
これは大きく上がる銘柄なんてプロでも必ずしも分からないということと思われるわけで、保有銘柄が増えるのは自然な流れなのだろう。

それと投資でリスクによって大きく価格が上下して心理的に翻弄されるのは投資市場に参加するための入場料と考えるべきで、それを逃れようと手段を弄すると痛い目に遭うという話も大いに参考になった。
投資したモノの価格が下がることをいかに耐え、長期的に資産形成ができるか?という命題を思い知らされる思いがした。

巻末では、著者が実践している手法も書かれていて、収入が増えても生活レベルをあまり上げずに投資や余裕資金を確保するなど、以前読んだ本多静六著『私の財産告白』を思い起こす。

他にも投資だけでなく未来が思っているより良くも悪くもならない不確実なものであることを認識することが大切など、示唆に富む1冊だった。




にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト