『お金で苦労する人しない人―金銭感覚の達人』:雨読夜話

ここでは、「『お金で苦労する人しない人―金銭感覚の達人』」 に関する記事を紹介しています。
お金で苦労する人しない人―金銭感覚の達人 (知的生きかた文庫)
お金で苦労する人しない人―金銭感覚の達人 (知的生きかた文庫)
中谷 彰宏 (著)
三笠書房 2001-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
大人の友達を作ろう。―人生が劇的に変わる人脈塾 (PHP文庫)
大人のルール―誰も教えてくれなかった
お金は使えば使うほど増える
なぜあの人はお金持ちになるのか―使ってもなくならない財産をつくる42の具体例
自分で考える人が成功する―“気づく”ための50の方法 (PHP文庫)


中谷彰宏による、お金がらみでの失敗を回避したり、お金に使われるのではなくお金を使うための心構えなどを書いている本。

まじめでプレッシャーに弱い人が借金に苦しみやすいことや、人の良さに付け込まれるパターンなどが書かれていて、自身を振り返って気をつけなければいけないと考えさせられる。

また、使わなければお金は死んだままであることや、価格には授業料その他が含まれていること、お金の扱い方で人の性格や考え方があらわれることなど、お金の本質とは何かというところにまで踏み込んで書かれていることも分かってくる。

けっこう前に読んで本棚の奥にずっと入れっぱなしになっていたのを読み返した次第だが、普遍的な内容であることを再認識した。
著者の作品の中では『できる人ほど、よく眠る。―成功する59の眠り方』とともに最も役立つ本に属すると思う。

[お金について考えさせられそうな本]

にほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト

関連タグ : 中谷彰宏,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック